社内SEの徒然なる日記

NetCOBOLのソース編集をExcelマクロで作ってみた(実行結果)

初めに

※ 本記事は、ExcelマクロでCOBOLソースを自動編集させるマクロを作る記事の第5話(最終話)です。

準備

シート上にボタンを設置して、ここに前回(NetCOBOLのソース編集をExcelマクロで作ってみた(Cobolソース編集))作成したSourceEditメソッドを登録します。
COBOLソース編集(シート)

このボタンを押すと、処理が実行されます。

一連番号領域の編集

一連番号領域に、あり得ない値を設定したソースを準備します。
5行目には、空白行を作っておきます。
NetCOBOL(連続番号領域前)

下記は、処理実行後の結果です。
一連番号領域にあった不正値が連番に上書きされ、5行目の空白行が削除されています。
NetCOBOL(連続番号領域後)

SQL領域の編集

今度は、EXEC SQL ~ END-EXEC. の範囲内の編集が動作するか見て見ます。
埋込みSQLの範囲内に、COBOLの行内コメントを書いておきます。
NetCOBOL(EXECSQL前)

実行結果です(一連番号領域を空白にするモードで実行)。
COBOLの行内コメントが、80BYTEから始まるように移動されています。
NetCOBOL(EXECSQL後)

上手く行ったね

どうやら、上手く動いてくれました。
サンプルには提示していませんが、後方空白の除去機能もきちんと動作してくれます。

第1話(概要): NetCOBOLのソース編集をExcelマクロで作ってみた(概要)
第2話(共通関数): NetCOBOLのソース編集をExcelマクロで作ってみた(共通関数)
第3話(専用関数): NetCOBOLのソース編集をExcelマクロで作ってみた(専用関数)
第4話(Cobolソース編集) : NetCOBOLのソース編集をExcelマクロで作ってみた(Cobolソース編集)
第5話(実行結果) : この記事です

投稿記事の一覧:目次

※ 追記1 動作環境

確認した動作環境は、WindowsXP SP3、Excel2000とExcel2010で動作確認しています。

※ 追記2 サンプルで使用したエディタ

今回の実行結果のサンプル表示に使用したのは、DeuxEditorというフリーのテキストエディタです。
短形選択、強調表示、文字コード・改行コードの指定などを備えた、タブ型の高機能テキストエディタです。

NetCOBOLで開発を始めた時から、ずっとエディタを探していたのですが、いろいろ試した結果こいつに落ち着きました。

※ 追記3 一連番号領域

資産管理をsubVersionで行っているのですが、一連番号領域を採番しなおすと、subVersionで変更履歴が参照できなくなってしまって不便だったので、いっそのこと全部空白にするモードを作成しました。
スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する