社内SEの徒然なる日記

iCloudの容量が上限に達するそうです

■ 警告

先日、Appleからメールが届きました。
iCloudの容量超過の対応01

iCloudの5GBの容量を超えそうだってことですが、そんなに使ってただろうか?

最近までインターネット回線が貧弱だった(WiMAXを捨てきれなかった(2年後には止めるけどね))ので、ほとんどのデータは同期させてなかった筈なんですが。

■ 対応

Mac自体のバックアップは別(Time Machine)で取っているので、焦ることもないのですがメールの送受信が停止するのは困ります。警告メールでは容量を購入することを勧めているようですが、先にiCloudのストレージを何で消費しているのか確認するのが先決です。

とりあえず、システム環境設定からiCloudを起動します。

どうやら、バックアップに大量の容量を使用しているようです。右下の管理というボタンから、さらに詳細に潜ります。
iCloudの容量超過の対応02

バックアップの詳細を見ると、以前使っていたiPodのバックアップが結構な容量になっているようです。
iCloudの容量超過の対応03

なので、これを削除します。
iCloudの容量超過の対応04

これで時間は稼げるでしょうが、iPhoneの4GBというのが気になります。そんなに容量を使っているとは思えないのですが・・・

■ iPhone

iPhoneのバックアップといっても、何に使っているのかよくわかりません。とりあえず、iPhoneから「設定」→「iCloud」を表示します。
iCloudの容量超過の対応05

そこから「容量」をタップ。
iCloudの容量超過の対応06

「ストレージを管理」をタップ。
iCloudの容量超過の対応07

ここで、iCloudで使っている容量の詳細が出てきたのですが、やはりバックアップの4.1GBが問題ですね。「このiPhone」をタップします。
iCloudの容量超過の対応08

ここで、バックアップの詳細が出てきました。
iCloudの容量超過の対応09

・・・あれ、フォトライブラリの2GBって何だ?

■ 原因と対策

私はiCloudの最初の画面(「設定」→「iCloud」)で写真の同期をOFFにしているので、てっきりバックアップも取得されないと思っていたのですが、ここでの同期とバックアップの取得は別の設定なんですね。

最近、iPhoneで動画を撮る機会が増えたので、それがiCloudのバックアップに流れ、ストレージ容量を消費する原因になったってことでしょう。iPhoneで撮影した写真や動画はMacのiPhotoを経由してTime Machineで外付けハードディスクに逃がしているので、無理にiCloudでバックアップを取得する必要はありません。

ということで、フォトライブラリ(ついでにiMoveも)をバックアップ対象から外します。
iCloudの容量超過の対応10

はい、一気に使用可能容量が増えました。
iCloudの容量超過の対応11

■ 後書き

iCloudのストレージ容量を増やす場合の費用についても調べてみたのですが、20GBで100円。200GBで400円。500GBで1,200円。1TBで2,400円だそうです。この金額、月額料金なので結構高いです。

前々から思っていたのですが、Appleは無料で膨大な容量を提供する他メーカ(GoogleやMicrosoft)とは考え方が違うようです。

Googleドライブなんかだと、色々なファイルを無造作に突っ込めますが、iCloudはMacやiPhoneとの連携が前提で、好き勝手にストレージをデータの置き場として使うことが出来ません。ユーザーにある程度自由に解放する他メーカに対して、Appleはハードと強く連携させたいんでしょうね。

これは、ソフトからハードまで自社で一貫して生産できるAppleの強みであり、同時に弱点でもある気がします。

投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end —

スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する