社内SEの徒然なる日記

Excelの起動障害をセーフモードで解決

■ 起動しない

過去に作ったExcelにちょっと機能を追加していたのですが、起動画面が表示されたまま動かなくなりました。
Excelが起動しないのでセーフモード1

ファイルサイズを確認すると、400KB程度だったはずの容量が、6MBまで膨らんでします。いったい何が・・・

環境は、Windows7のExcel2010です。

■ 切っ掛け

まぁ、実は心当たりがあります。にマクロ(VBA)の編集中にエラーが発生している状態で上書き保存して終了してたんです。

それを、再び開こうとするとご覧の有様と。

実は、機能の追加とテストまで完了していて、やっていたのは古いソースを現在のコーディング規約に合わせて編集してたってだけなんですよね。

悪いことにバックアップも取ってなかったので、何とかして復旧したい所です。

■ 回復

色々と考えたのですが、セーフモードで開くことにしました。

まず、ショートカットを作成します。
Excelが起動しないのでセーフモード2

リンク先は、『D:¥Program Files¥Microsoft Office2010¥Office14¥EXCEL.EXE /s』。
要するに、Excelのショートカットの最後に /S とオプションを付けるだけです。
Excelが起動しないのでセーフモード3

このショートカットを実行すると、Excelがセーフモードで起動しました。
Excelが起動しないのでセーフモード4

「ファイル」→「開く」を選択。
Excelが起動しないのでセーフモード5

後は、問題のファイルを選択して開いた所、無事に起動できました。

後は、VBAのエラーが出ていた個所を修正して、エラーが発生しないように編集し、名前を付けて保存で別名で保存したところ、無事に復旧です。

多分、上書き保存しても良かったとは思うのですが、安全策を取りました。

■ 後書き

VBAでエラー(デバッグ→VBAProjectのコンパイル)が出ている状態で保存することは通常やらないのですが、システム障害が発生したので、そっちの対応を優先しない訳にはいなかくなったのです。

ファイルが壊れるってのは良くあること(最近は少なくなったかな)なので、バックアップを取る習慣はあるのですが、今回は色々とうっかりが重なりました。

ファイルサーバに保存していると思ったらローカルだったり、VSSでバックアップされてると思ったら、タイミングが悪く保存されてない、手動で取得してた(はずの)バックアップも見当たらない。

・・・うがー!

投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end —

スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する