社内SEの徒然なる日記

消費税率変更の結果

■ 消費税率変更の結果

消費税率の変更から結構立ったので、想定しきれなかった問題について書いて行きます。やはり細々とした問題は発生しました。

■ 支払系システムの内税計算

基本的には仕入→検収→支払という流れになるので、支払総額に対する消費税額というのは分かるのですが、明確に消費税額を入力しない処理が存在していて、その辺りで面倒なことになりました。

例えば、仕入が発生しない状態で発生する支払処理とか、あえて支払をしない(保留)で次月に繰り越すような処理をした場合に、内部的に支払総額から消費税額を計算する処理(内税計算)が動いてまして、その時に使用する消費税率が使用者が思っていたように取得できなかったのです。まぁ、システムのバグではなく仕様通りの動きではあるのですがね。

私が対応したのは「何故こういう消費税計算になってしまっているのか?」っていう問い合わせに対する調査だけだったのですが、現場(検収担当者、支払担当者)は結構な混乱が出たようです。

■ サブ資料

基幹システムが出力する帳票類については事前にしっかりと洗い出していたので、お客様絡みの帳票(納品書や請求書)や会計監査に使用する帳票(売掛元帳、買掛元帳)については問題ありませんでした。

しかし、基幹システムの機能から外れたサブシステムについては対応していなかったので、その辺りで対応依頼がポロポロと発生しました。基幹システムからデータを引っこ抜いてExcelで編集しているようなヤツです。

正直、そんな仕様も存在しないようなExcelへの対応なんて知らんと放置したいのですが、何故か監査用とか業務運用上の重要な資料として扱われていたりして対応するしかないという。いや、そういう資料があるなら事前に言ってくれればスケジュールも組めるのですが、大抵の人は実際に出来なくなってから依頼してくるんですよね。

今は別件で忙しいので、数字だけ作ってあげて正式対応は後回しにすることにしました。

...発生時に毎回個別対応するのと、正式に対応するのとどっちが楽になるかは数か月後のお楽しみですね。

■ 外部データ取込

お客様から取得した発注データ(CSVファイル)を伝票データとして取り込む処理があります。

顧客のデータをレイアウト変換する処理(ExcelのVBA)を通して取込用のレイアウトに変換するのですが、このレイアウト中に消費税率を設定する項目が存在していたのです。その項目に何も設定しなければ日付(入荷日、出荷日)で自動的に消費税率が設定されるのですが、変換用のExcelを作った人は5%になる値を設定するように作ってまして...


取込用レイアウトの消費税率は、使用者からは見えない(意識しない)ようになっていたので、基幹システム側の取込処理では、その項目を無視(日付での自動税率設定)するようにしました。

■ 後書き

しっかりと準備をしていたので致命的な問題は発生せずに済みましたが、細かいところでトラブルが出てしまいました。

まぁ、この程度ですんだのなら御の字でしょうかね。

投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end ---


スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する