社内SEの徒然なる日記

むぎの里の手延べうどん(お土産用)を作ってみた

■ むぎの里のお土産うどん

ここ最近、2週間に1度くらいの頻度でむぎの里っていううどん屋さんに行っています(「むぎの里」の特選鍋焼きうどん(とろろ丼付き)が美味しかった)。

んで、この手の店ではレジの周辺に色々とお土産が売っている訳でして、気になって買ってしまいました。

半生の手延べうどんです。
むぎの里のお土産用うどん1

袋の中はこんな感じ。
むぎの里のお土産用うどん2

半生というだけあって、生よりも乾燥していて、乾麺よりもしっとりしています。

■ 作ってみた

とりあえず、茹でてみます。
むぎの里のお土産用うどん3

茹で方は裏面に書いていました。
むぎの里のお土産用うどん4

茹で方の部分を拡大します。どうやら、10分茹でて、3分くらい蒸らすようです。
むぎの里のお土産用うどん5

うーん、やっぱりちょっとだけ手間が掛かります。というか、蒸らすっていう行程があるうどんを始めて見ました。

そして、完成!



って、完成した写真が無い!あれー、たしか撮影したと思うんだけど、どこにいったかなぁ?

・・・まぁ、いいか。

■ 後書き

袋の裏面には、手延べうどんの作成行程(過去の歴史)と食べ方が書いていました。
むぎの里のお土産用うどん6

むぎの里のお土産用うどん7

詳細を省くと、普通のうどんと同じように使えるって事らしいです。適度にコシがあるので、色々と美味しく食べられそうですね。

あぁ、書き忘れていましたが、完成したうどんはコシがあって美味しかったです。


投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end ---

スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する