社内SEの徒然なる日記

Excelのフッターの印刷ページ数を工夫してみた No.1

■ いつもはこんな感じ

Excelで書類を作ってページ数を印刷する時、私はこういった書式を良く使います。
Excelのフッターの印刷ページ数を工夫してみた No1 (0)

適当にサンプルデータを作って印刷します。3ページものだと、こんな感じになります。
Excelのフッターの印刷ページ数を工夫してみた No1 (1)

■ 先頭ページの工夫

表紙があるような資料の場合、先頭ページだけページを表示したくない場合があります。いつの頃からか分りませんが、Excelはこういった要望に対応できるようです。

リボンの「ページレイアウト」グループから「ページ設定」を起動します。
Excelのフッターの印刷ページ数を工夫してみた No1 (2)

「ヘッダー/フッター」タブを選択します。下の方に「先頭ページのみ別指定」というチェックボックスがあるので、これをONにしてから「フッターの編集」ボタンを押下します。
Excelのフッターの印刷ページ数を工夫してみた No1 (3)

すると、上の部分に「先頭ページのフッター」というタブが表示されるようになりました。

続けて「先頭ページのフッター」タブを選択して、中央部の入力内容をクリアします。
Excelのフッターの印刷ページ数を工夫してみた No1 (4)

後は、OKで画面を終了します。

■ 結果

結果、こうなりました。
Excelのフッターの印刷ページ数を工夫してみた No1 (5)

まぁ、悪くは無いですね。ただ、できれば先頭ページをページ数に数えたくない所です。

次回(http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end ---
スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する