社内SEの徒然なる日記

ゆっくり系の親父のラーメン屋「あび」です

■ 昼食に迷った結果

某月の土曜日、外食をしようと出かけたのですが、行こうと思っていた寿司屋は休日、チェーンの和食レストランに行ったら、いつまでたっても案内がこないので、何やら嫌になってそのまま退出。

どうしようかと思ったのですが、道路を挟んだ向かい側にラーメン屋が見えたので行ってみました。

札幌市白石区南郷通18丁目にある「あび」ってお店です。
ラーメン「あび」1

この辺り、学生時代(10年近く前になるかな?)に住んでいたのですが、その頃には無かったお店です。前々から気になっていたのですが、なかなか機会が無く、今回が初めての来店です。

さて、どんな感じですかね。

■ 店舗のイメージ

店内は、かなり狭いです。カウンターの席が8席(7かもしれん)に、テーブル席が2つくらい。さらに、店員さんが店主?の厳ついおっちゃん一人。これは、大人数で行くお店ではないようですね。

というか、親父が厳つい感じなので、気の弱い私としては気後れしちゃいます。回れ右して帰りたくなったのですが、ここまで来てそれもどうかと思い、素直に席に座りました。

メニューを見るに、ラーメン専門でチャーハンとかは無いようです。お値段は、スタンダードな味噌・塩・醤油が700円で、後は何たらラーメンって感じで変わったものを頼むと1000円位になる感じなので、一般的な価格設定のようです。

なお、このお店は前払い制。おっちゃんしか居ないので、後払い制だと手が回らないって事なんでしょうね。

まずは、スタンダードに味噌ラーメンをお願いしました。その時に親父の声を聞いたのですが、なんというかイメージと違う。声質自体は見た感じのイメージ通りだったのですが、なんというか、その、ゆっくりな感じで喋ります。応対も丁寧な感じです。
ただの接客モードなのか、素の性格なのか分かりませんが、外見とのギャップが・・・

■ 食べてみた

愛用のiPodで購読中の電子書籍(バーにかかってきた電話)を読みながら完成を待っていたのですが、厨房からバー!って音が聞こえます。

慌ててみると、具材?を炒めている鍋から凄い炎が吹き上がっています。炒め物で炎を出すラーメン屋は他にも知っているのですが、このお店のは過去最大の吹き上げでした。店主が平然としているので、このお店の味なんでしょうね。

待つこと数分、出てきました。
ラーメン「あび」2

凄い炎が吹いていたわりには具材はシンプルです。個人的には、チェーン店とかで見るゴテゴテしたのよりは、こういった方が好みなのでグッドです。

スープをすすってみると、何やら焦げの味がします。焦げと言っても嫌な感じじゃなくて、何と言うか、香ばしいっていうんでしょうか。スープはやや薄味で比較的、油が強い気がします。味噌自体の味は、何と言うかスープの奥の方で感じるっていうか、味噌を炒めた感じっていうか・・・上手く表現出来ないですね。

麺は、やや細麺。中中、中細って感じでしょうか。私の趣味は中太なのですが、スープが薄味なので良く合っている気がします。

なかなか美味しかったです。ごちそうさまでした。

■ 補足

美味しかったのですが、結構舌に残る感じです。昼食後に、麻生茶房ってお店でデザートとコーヒーを頂いたのですが、それでも何やら油(ラードと言うべきか)の感触がします。

食べるタイミングには注意した方が良いかもです。

なお、食べたデザートはこちら。
ラーメン「あび」3

ラーメン「あび」4

確か、プディングが云々って言う限定メニューだったと思いますが、フォークとナイフだけだと食べづらい、というか、最後に残ったソースの扱いが・・・

閑話休題。

今日行った「あび」ですが、ググってみたらホームページがありましたので、載っけておきます。

ホームページ:http://abbey-fire.com/

投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end ---

スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する