社内SEの徒然なる日記

Excelマクロでファイルやフォルダを選択 №3 ファイル参照(初期値)

■ パスの指定

FileDialogオブジェクトを使用したファイル参照では、ダイアログ表示時のパスやファイル名を指定することが出来ます。


With Application.FileDialog(msoFileDialogFilePicker)

'参照するファイルの初期パス
.InitialFileName = "C:¥My Documents¥AAA"

'ダイアログを表示します。
If .Show = True Then

'選択したフォルダパスを表示
MsgBox .SelectedItems.Item(1)

End If
End With


これを実行すると、こうなります。
Excelファイルフォルダ選択3_1

という感じで、パスやファイル名の初期値の指定はInitialFileNameプロパティを使用します。こいつに、初期選択させたいパスを指定すれば良いのです。

■ ファイル名の指定

今度は、ファイル名まで指定してみます。

InitialFileNameプロパティに、"C:¥My Documents¥AAA¥TEST.xls" と設定して実行してみます。
Excelファイルフォルダ選択3_2

フォルダが選択された上で、ファイル名には「TEST.xls」が設定されています。

少し分らないのが、存在する筈の「ファイル参照テスト.xlsx」が見えなくなってることですね。仕様がどうなっているのか追い切れなかったのですが、どうやらファイル名に入力値があると、フィルタ条件として機能するようです。

実際に、"C:¥My Documents¥AAA¥ファイル参照テスト.xlsx"としてみると、表示されるようになりました。
Excelファイルフォルダ選択3_3

・・・今一つ、動作が不審ですね。

前回:Excelマクロでファイルやフォルダを選択 №2 ファイル参照の基本
次回:Excelマクロでファイルやフォルダを選択 №4 ファイル参照(複数ファイル)
目次:目次

--- blog end ---

スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する