社内SEの徒然なる日記

ASTERIAでxml文書を扱ってみたNo4 書込(名前空間)

■ ASTERIAxmlファイルを書込(名前空間

前回まではASTERIAxmlファイルを読込んでいたのですが(ASTERIAでxml文書を扱ってみたNo3 読込(名前空間))、今度はxmlファイルを作ってみようと思います。

といっても、ここまでの話で単純にxmlファイルを作る方法は分かっているので、xmlにASTERIA名前空間を設定してみようと思います。

■ 定義

入力データとして、このようなxmlファイルを用意します。このrecordタグに名前空間を指定して出力してみようと思います。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<root>
<record>
<field1>あ</field1>
<field2>い</field2>
<field3>う</field3>
</record>
</root>


上記のxmlファイルを読込むフローを作ります。
ASTERIAでxml文書を扱ってみたNo4 - 1

ここからが本番。Mapperコンポーネントのストリーム定義です。名前空間を設定したいrecordタグのすぐ下に、@xmlns という項目を追加します。
ASTERIAでxml文書を扱ってみたNo4 - 2

マッピングの定義の中で、@xmnls に固定値として名前空間(http://harikofu.co.jp/test/)を設定します。
ASTERIAでxml文書を扱ってみたNo4 - 3

実行すると、なんかそれっぽい感じになりました。
ASTERIAでxml文書を扱ってみたNo4 - 4

どうやら、@を付けた項目は、その上の行の項目を編集するという意味になるようです。そして、その項目に値を設定すると上記の結果のように、名前空間が設定されるようです。

■ 後書き

なお、Mapperで @xmnls になにも値を指定しなかった場合は、その定義そのものが無視されるようです。
ASTERIAでxml文書を扱ってみたNo4 - 5

前回:ASTERIAでxml文書を扱ってみたNo3 読込(名前空間)
次回:ASTERIAでxml文書を扱ってみたNo5 複数の名前空間

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end --- スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する