社内SEの徒然なる日記

PowerPointで表を作成する2:表の見た目を格好よくする(PowerPoint2010)

表のスタイル

PowerPoint2010で作成した表のスタイルを変更して、見栄えの良い表を作ってみます。

表のスタイルは、リボンの表ツール「デザイン」タブから行います。
前回(PowerPointで表を作成する1:表を挿入する(PowerPoint2010))作成した表を選択して、リボンから、表ツールの「デザイン」タブを選択します。
PowerPoint2010表スタイル1

スタイルのオプション

PowerPointに限った話ではありませんが、表を作る時にはタイトル行や合計行があって、データ部とは書式(背景色とか)を変更するのが一般的だと思います。
PowerPointでは、そのあたりを踏まえて、ある程度のスタイルは自動的に設定できるようになっています。

それが「デザイン」タブの「表のスタイルのオプション」グループになります。
PowerPoint2010表スタイル2

これでチェックを付けた項目に合わせて、自動的に表のスタイルが変わるようです。
ためしに、こんな感じにしてみると...
PowerPoint2010表スタイル3

こんな感じで、チェックを付けた箇所が強調されるようになります。
PowerPoint2010表スタイル4

表のスタイル

スタイルというからには、色や罫線も変更したいところです。
この辺りは、「表のスタイル」グループから変更できます。
PowerPoint2010表スタイル5

この記事で紹介するのは、下記の機能になります。
PowerPoint2010表スタイル6

では、適当にスクロールさせて、左側の一覧から選択してみます。
PowerPoint2010表スタイル7

選択した結果、表がこのように変更されました。
PowerPoint2010表スタイル8

いちいちスクロールさせるのが面倒なら、右下のボタンを押して下さい。
PowerPoint2010表スタイル9

このように、設定できるスタイルが一気に表示されるので、ここから気に入ったスタイルを選択すればOKです。
PowerPoint2010表スタイル10

後書き

綺麗でカッコいい表が作れるようになっているので、後は必要な値を入力するだけの簡単な作業ですね。
え、合計式?SUM関数?...あなたは、PowerPointってものをExcelと勘違いしてませんか?

余談ですが、表のスタイルを自分でゴリゴリしたいのでしたら、最後に紹介したスタイル選択の子画面の左下にある「表のクリア」をクリックして下さい。
これによって、表に設定されている書式が全てクリアされます。

※ PowerPoint2000での操作方法を希望の方は、下記のリンクから参照して下さい。

PowerPointで表を作成する1:罫線(PowerPoint2000)
PowerPointで表を作成する2:書式(PowerPoint2000)
PowerPointで表を作成する3:セルの操作(PowerPoint2000)

前回:PowerPointで表を作成する1:表を挿入する(PowerPoint2010)
次回:PowerPointで表を作成する3:罫線の引き方&消し方(PowerPoint2010)
投稿記事の一覧:目次

--- blog end ---

スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する