社内SEの徒然なる日記

PowerPointで表を作成する3:セルの操作(PowerPoint2000)

表自体の操作方法

過去の2回は、主に表の書式の設定方法を記述しましたが、今回は表自体の操作方法になります。
長くなりましたが、今回でPowerPoint2000での表の作成方法は終了です。

おなじみの罫線ツールバーから、下記の項目を使用します。
PowerPoint2000セル操作1

セルのサイズ調整

本題の前に、すっかり忘れていたので、セルのサイズ調整方法について書いておきます。

セルの罫線の上にマウスカーソルを合わせて、マウスでドラッグ&ドロップするだけで調整できます。
イメージとしては、罫線をつまんで移動するって感じですね。

セルの分割

作成された表の一部のセルを分割、結合することが出来ます。
Excelのセル結合のイメージですね。

サンプル表の年齢セルを分割、結合してみます。

罫線ツールバーに分割、結合をするボタンがあるので「年齢」セルを選択して分割ボタンをクリックします。
PowerPoint2000セル操作2

すると、このようにセルが分割されます。
PowerPoint2000セル操作3

セルの結合

今度は、分割された「年齢」セルを選択した状態で「結合」ボタンをクリックします。
PowerPoint2000セル操作4

選択した2つのセルが結合されて、1つのセルになりました。
PowerPoint2000セル操作5

横方向での分割、結合を紹介しましたが、縦方向でも分割、結合は実行できます。

罫線メニュー

行列の追加、削除は罫線ツールバーの罫線メニューから実行します。
罫線メニューは、こんな感じです。
PowerPoint2000セル操作6

実はこのメニューには、表を操作するための機能が集約されています。
ここがメインで、よく使う機能をツールバー上のアイコンとして配置していると考えても良いでしょうね。

言い方を変えると、使用頻度の低い(とMicrosoftが判断した)機能はアイコンが無いという事になるでしょうか。
Excelで考えると行列操作は重要と思えますが、PowerPointで表を作るのなら「作成開始時点で完成イメージが出来ているよね?」ということなんですかね。

行列の追加

では、実際に列を追加してみます。
値が「25」のセルを選択して、罫線メニューから「右に列を挿入」を選択します。
PowerPoint2000セル操作7

選択したセルがある右側に、新しい列が追加されました。
PowerPoint2000セル操作8

行の追加も、同じ要領で可能です。

行列の削除

これも、追加と同じですよね。
削除したい行、または列があるセルを選択して、メニューから選択するだけです。

先ほど追加した列を選択して、メニューから「列の削除」を選択します。
PowerPoint2000セル操作9

この通り、選択したセルが存在していた列が削除されました。
PowerPoint2000セル操作10

前回:PowerPointで表を作成する2:書式(PowerPoint2000)
投稿記事の一覧:目次

--- blog end ---

スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する