社内SEの徒然なる日記

自転車がパンク!修理してみた(後編)

■ パンクの修理

前回は、パンクした経緯と修理キットの購入まで書きましたので、今回は修理について書いていきます。

■ タイヤを外す

最初に、タイヤを外します。

修理キットに付属していた金具2本を使用します。1本は鉤で引っ掛けて、もう一本を、その横あたりからグイ、グイッとタイヤの外側を引っ張っていきます。
自転車のパンク修理 - 7

口で言うのは簡単なのですが、これが外れない。タイヤってしっかりと固定されてるんですね。それでも諦めずに、何度もグイッ、グイッと続けていると、少しずつ外れてくれました。

ある程度外れれば、後は手でも外せるようです。
自転車のパンク修理 - 8

■ チューブを外す

次は、チューブを外します。

指で外せるバルブ辺りの部品を(キャップ、ナット、虫ゴムなど)を外して、最後にチューブを固定しているナットを外します。ナットレンチを探すのが面倒だったので、工具箱を開いて目に止まったペンチで外しました。
自転車のパンク修理 - 9

ナットさえ外れれば、チューブを外すのは簡単でした。手でタイヤから引っ張り出します。

■ 穴を探す

水を張ったバケツにチューブを入れて、泡が出る場所がパンクの原因箇所(修理対象)って話だったのですが、作業場所が室内だったので、洗面台に水を張って対応しました。

しかし、どうも上手くいきません。クニャッて空気が抜けてしまって、泡が出るところまで行かないのです。
自転車のパンク修理 - 10

うーん、一度外したバルブ周りの部品をくっ付けないとダメみたい。ってことで、バルブを取り付けて空気をパンパンに入れました。さて、これでどうかな?
自転車のパンク修理 - 11

すると、こんなに分かりやすく泡が噴き出しています。
自転車のパンク修理 - 12

これか。確かに穴が見えます(写真中央、私の親指の先)。
自転車のパンク修理 - 13

場所を忘れないように、テープを貼っておきました。
自転車のパンク修理 - 14

■ パッチ

穴周辺を、綺麗に拭いて、紙やすりでこすります。
自転車のパンク修理 - 15

続けて、ゴムのりを塗ったくります。
自転車のパンク修理 - 16

乾くまで3分ほど待たないとダメらしいので、タイマーをセット。
自転車のパンク修理 - 17

・・・3分経過。

パッチのアルミ箔を剥がして、剥がした面をチューブの穴の上に貼ります。
自転車のパンク修理 - 18

自転車のパンク修理 - 19

説明書では、ハンマーで叩けと書いているのですが、ハンマーを引っ張り出すのが面倒だったので、目に付いたドライバーの裏面でガンガンと叩きました。
自転車のパンク修理 - 20

さらに、表面(アルミ箔を剥がしたのと反対の面)の透明の保護シールを剥がします。
自転車のパンク修理 - 21

空気漏れがないことを確認するため、チューブだけの状態で空気を入れます。大丈夫そうです。
自転車のパンク修理 - 22

確認後、チューブから空気は抜いておきます。

■ チューブを戻す

今度は、チューブをタイヤに戻します。
自転車のパンク修理 - 23

捻れないように、嵌めていきます。
自転車のパンク修理 - 24

チューブが入ったら、タイヤをリムに嵌めていきます。これも手間でしたが、外すよりは楽でした。
自転車のパンク修理 - 25

自転車のパンク修理 - 26

完成!
自転車のパンク修理 - 27

■ やり直し

実は、これ失敗でした。チューブをタイヤに戻す写真を最初の写真を見ると、チューブのナットを締めてしまっているのがわかると思います。

このタイミングでナットを嵌めると、この部分のチューブが上手くタイヤの中に入らなくて、リムとタイヤの間にチューブが挟まる形になってしまいます。

面倒なので、そのまま組み立てたのですが、ブレーキの部分でタイヤが回転しなくなりました。

そこからは復旧作業。空気を抜いて、ナットを外して、プラスドライバーの裏で金具を叩いてリムとチューブの間に隙間を作ります。んで、その隙間を利用してタイヤの中にチューブを収めることに成功。

あとは、ペンチでチューブの金具を引っ張りながらナットを締めて、何とか形にできました。

やれやれです。

■ 後書き

結局、修理開始から1時間30分くらいかかりました。時間が掛かったのは、ブログ用の写真を撮りながらだったってのもあるんでしょうが、それにしても苦戦しました。

会社の人にこの話をすると、ちと呆れられました。自分でバイク(原チャリ)の修理をするような人なので、自転車のパンク程度で苦戦するってのが理解できないみたいです。

開き直って「俺の手はキーボードを打つためにあるのであって、自転車の修理をするようには出来ていないのです」とか冗談半分で負け惜しみを言っておきましたが、まぁ、その、何だかね。

ま、一通り自力で出来てやり方は理解したので、次回があれば、もう少しはマシになるでしょう。

前編:自転車がパンク!修理してみた(前編)

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する