社内SEの徒然なる日記

PowerPointで表を作成する1:罫線(PowerPoint2000)

表を作ってみる

今回は、PowerPoint2000で表を作ってみます。

PowerPoint2000の表機能は、あまり強力ではないので、どのような形の表を作るのか、あらかじめ決めておくと後の作業が楽になります。
後で行列を挿入するのは、結構面倒なんですよ。

作りながら試行錯誤したいなら、無理にPowerPointで作らずに、あらかじめExcelで表を作ってみた方が良いと思います。

作成方法

「挿入」メニューから「表」を選択します。
PowerPoint表罫線1

表の行列の数を指定する画面が表示されるので、任意の数字を入力して「OK」ボタンを押下します。
PowerPoint表罫線2

このように、スライド上に表が作成されます。
罫線ツールバーを表示していない場合は、画面上に表示されます。
PowerPoint表罫線3

罫線ツールバーは、「表示」→「ツールバー」→「罫線」からも表示できます。
初期設定の場合は非表示になってるはずなので、大体の人は表の作成(あるいは選択)と同時に表示されると思います。

罫線の引き方

PowerPointの表の操作方法は、右クリックメニューから操作する方法と、罫線ツールバーから操作する方法の2種類あります。
今回は、罫線ツールバーからの使用方法を解説します。

罫線ツールバーの内、“罫線を引く”操作で使うボタンは以下の通りです。
PowerPoint表罫線4

まず、罫線の種類、太さ、色を決定します。
準備が出来たら、「罫線を引く」をクリックします。
PowerPoint表罫線5

この状態で、表の罫線を引きたい場所をマウスでなぞって(マウスの左ボタンを押しながら動かす)やれば、指定した罫線が引けます。
この通り、斜めにも罫線を引くことが出来ます。
PowerPoint表罫線6

罫線を消したい時は、「消しゴム」ボタンをクリックします。
PowerPoint表罫線7

罫線を引いた時と同じように、消したい線の上をマウスでなぞってやれば消えます。
PowerPoint表罫線8

表全体(あるいは指定範囲)に一気に罫線を引く事も出来ます。
表全体を選択した状態で、罫線ツールバーの各設定を元に戻して、下記のボタンを押します。
PowerPoint表罫線9

選択したアイコンの状態の通りに、罫線が一気に引けました。
PowerPoint表罫線10

前回:PowerPointでタイトルをスライドショーに表示しない(PowerPoint2000)
次回:PowerPointで表を作成する2:書式(PowerPoint2000)
投稿記事の一覧:目次

--- blog end ---

スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する