社内SEの徒然なる日記

PowerPointで背景を変更する(PowerPoint2000)

バック寂しい

初期状態では、スライドの背景は真っ白です。
まぁ、実は背景色が白っていうのは、案外悪くないのですが、いろいろ変えてみたいのが、人情というものではないでしょうか。

さぁ、実験スタートです。

背景に色を付ける

まず、スライド上で右クリックして、メニューから「背景」を選択します。
PowerPoint2000背景1

背景を設定するための画面が表示されました。
この画面は、「書式」メニューの「背景」を選択しても表示できます。
PowerPoint2000背景2

コンボボックスから、気に入った色を選択します。
「適用」ボタンを押すと、選択した色に背景が変更されます。
PowerPoint2000背景3

PowerPoint2000背景4

「プレビュー」ボタンを押すと、決定後にどのようになるか確認することが出来ます。
PowerPoint2010では当たり前になった機能ですが、珍しく2000の時代でも使えるようです。

「すべてに適用」ボタンの、“すべてに”というのは、“全てのスライド”という意味です。
背景の設定方法は、選択しているスライド単独か、全てのスライドに設定するかの2通りを選択できます。

写真を背景にしたい

画像データを背景として使用することも可能です。
背景の設定画面から、色を選択するコンボボックスを表示して、「塗りつぶしの効果」を選択します。
PowerPoint2000背景5

塗りつぶしの効果を設定する画面が表示されるので、「図」タブを表示して「図の選択」ボタンをクリックします。
PowerPoint2000背景6

ファイル選択画面が表示されるので、背景としたい画像データを選択して下さい。
後は、「塗りつぶしの効果」画面でOK、「背景」画面で「適用」又は「すべてに適用」ボタンを押すだけです。

これで、選択した画像が背景になるはずです。

見れば分ると思いますが、「塗りつぶしの効果」画面では、写真の表示以外にも様々か設定ができます。
この辺りは、自分でいろいろと遊んで見て下さい。

PowerPoint2010の操作方法:PowerPointで背景を変更する(PowerPoint2010)

前回:PowerPointで画像や写真を表示する(PowerPoint2000)
次回:PowerPointでタイトルをスライドショーに表示しない(PowerPoint2000)
投稿記事の一覧:目次

--- blog end ---

スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する