社内SEの徒然なる日記

ホラーゲーム「霧雨が降る森」が面白かったので本を買ってみた

■ 霧雨が降る森

動画サイトを見る習慣があります。特によく見るのは、ゲームの実況動画。社会人になって時間が取れなくなり、自分でゲームをプレイする時間がなくなったので、その代償行為みたいな感じで、他者のプレイを楽しんでいます。

そんな訳で、先日も「霧雨が降る森」というフリーのホラーゲームの実況動画を楽しんでいたのですが、どうやらこのゲーム、小説や漫画にもなっているようです。

・・・読みたい。

■ iBooks

さて、早速読みたいのですが、こういうマイナーな本を探すのは面倒だし、何よりも、「今」読みたいのです。こんな時は、電子書籍がとっても便利。今回は、AppleのiBooksで検索したところ、小説の上下巻と漫画が3冊、後は、設定資料集みたいなのを発見。

設定資料集は除いて、小説と漫画を購入してしまいました。電子書籍の良いところは、この即応性ですが、言い方を変えると、考える間もなく買ってしまうので、無駄遣いが激しくなるのが問題ですね。

・・・あぁ、久しぶりに本で散財してしまった。

■ 後書き

本格的な小説などと比べて文体が柔らかいので、ライトノベルの分類になると思います。内容や設定に今一つ詰めきれていない感じもあるのですが、難しく考えずに読むと面白かったです。微に入り細を穿つように構成された文章は美しくて良いのですが、軽い気持ちで読むのならライトノベルくらいの柔らかい文体の方が良いです。

なお、この概要とか感想とかは完全省略。ぶっちゃけ、ネットで調べられる事と同じような事しか書けないので、あんまり意味がないかなと。

投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する