社内SEの徒然なる日記

学生の逃げ場って必要だと思う

■ 教師は不要

前回書いた話(学生と社会人。どっちが大変だったかな?)の続きです。

エンジニアという職業は、自分から学ぶ気がなければ成長できない職種です。私がエンジニアなので、そう書きましたが、物を右から左に動かすだけなんて仕事でなければ、似たような物だと思います。そして、その学習に教師なんて必要なかったりします。

全く別の話で書きました(新人襲来8 外部研修)が、高額な費用を払わなくても、数千円の本で十分に同じような効果を得られると思います。

これ、学生の頃もそうでして、仮に、授業中の教師の話を全て無視しても、教科書をよく読んで自学自習すれば十分だったりします。ましてや、今はインターネットという便利な物があります。色々と調べることもできるし、こちらから問いを投げることも可能です。

そうなると、教師って別に要らないんですよね。

■ 逃避先

さて、こう考えると、ますます学校に通う理由がなくなってきました。そう、実利で考えると、欠片ほども意味がないと思うんですよ。なのに、学校に通うことを強制するような節があるのは、世間体だったり、学校に通うのが当然みたいな風潮(風習と言ってもいいかもしれない)があるからだと思います。

なんというか、学校が辛いからって逃げ出したら、それを正して学校に通えるようにするのが正義みたいな。

・・・いや、そもそも正せるようなら、初めから学校に通うのが苦痛になる訳がないと思うんですよね。

そんなことをぼんやりと思っていたのですが、この前、鎌倉市の図書館の「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい」というツイートを読んで、色々と納得しました。そうです、こういう場所が欲しかったんです。

後は、一時的な逃避先ではなく、永続的に通うことができて、誰にも干渉されず、学習に必要な指針や教材がある環境があれば、なお良いと思います。そして、そういう場所で学習した人が、普通に学校を卒業した人たちと同等、あるいはそれ以上に評価される社会制度があれば、完璧ですね。

■ 後書き

時々思うのですが、学校の入学試験はあるのに、なぜか卒業試験ってないんですよね。通期の学習結果が試験代わりと言えなくもないですが、少し違和感があります。例えば、大検の受験を強制にして、それに合格できなければ高校卒業の資格を与えないっていうのはどうでしょうか?

これこそ、平等な評価制度だと思うんですよね(まぁ、現実的には難しいでしょうが)。

色々と書いてみましたが、なんらかの形で人と関わるというのは大切だとは思っています。

自分と違う人間(価値観)を認識することで、一つの物事を複数の視点から眺めることが出来るようになると思うからです。ただ、関わる人間が同世代、それも精神的に未熟な学生では、人間に対する嫌悪感が増すばかりで意味がない。同じ関わるのであれば、多くの経験を積んだ大人の方が有益だと思うのです。

何にせよ、社会性を学ぶ場が必要なら、別にそれが学校である必要はない訳です。

投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する