社内SEの徒然なる日記

PowerPointでスライドを追加・移動・削除する(PowerPoint2000)

スライドを操作したい

PowerPoint2000でスライドを追加したり、移動したり、削除してみます。
これこそが、基本操作ですよね。

PowerPoint2010の操作方法は、下記のリンクから参照できます。
PowerPointでスライドを追加・移動・削除する(PowerPoint2010)

スライドを追加する

スライドを追加する方法は、いくつかあります。

1.メニューから追加

「挿入」メニューから「新しいスライド」をクリックします。
PowerPoint2000(スライド1)

スライドの種類を選択する画面が表示されるので、適当に選択して「OK」ボタンをクリックします。
PowerPoint2000(スライド2)

新しいページ(2ページ目)が追加されました。
PowerPoint2000(スライド3)

余談ですが、アウトラインに表示されるタイトルは、スライド上のタイトルと連動しています。
PowerPoint2000(スライド4)

2.簡単に追加

最終スライドの最後の位置にカーソルを合わせて「Enter」キーを押下します。
PowerPoint2000(スライド5)

この通り、白紙のスライドが追加されます。
PowerPoint2000(スライド6)

スライドを移動する

スライドの移動は、ドラッグ&ドロップで行います。

移動したいスライドの枠を左クリックしながら、移動先にマウスを移動します。
PowerPoint2000(スライド7)

1ページ目のスライドを、3ページ目の下に移動します。
下図のように横線が表示されるのを確認して、マウスを放します。
PowerPoint2000(スライド8)

きちんと移動されました。
PowerPoint2000(スライド9)

スライドを削除する

今度は、スライドを削除してみます。

1.メニューから削除する

まず、削除したいスライド(下記の図では3ページ目)をマウスで選択します。
その状態で、「編集」メニューをクリックして、「スライドの削除」を選択します。
PowerPoint2000(スライド10)

選択していたスライドが削除されました。
PowerPoint2000(スライド11)

2.Deleteキーで削除する

削除したいスライドの四角の枠をクリック、その状態で「Delete」キーを押下します。
PowerPoint2000(スライド12)

確認メッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
PowerPoint2000(スライド13)

削除されました。
PowerPoint2000(スライド14)

後記

PowerPoint2010と平行で手順を作成しているのですが、やっぱりPowerPoint2010の方が作業が楽ですね。

Office2007でリボンが初登場した時には、「何でこんな面倒な変更をしやがったんだ!」と思ったものですが、リボンインターフェースになれた状態で同じ作業をしてみると、作業効率が格段に向上しているのがよく分かります。

別に、Microsoftに味方するわけじゃないですけどね。
Office2000からOffice2010への移行作業は大変だった...

前回:PowerPointで文字を入力する(PowerPoint2000)
次回:PowerPointで画像や写真を表示する(PowerPoint2000)
投稿記事の一覧:目次

--- blog end ---
スポンサードリンク

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する