FC2ブログ

社内SEの徒然なる日記

生き延びた胡蝶蘭

■ 生き延びた

しばらく前に手に入れた胡蝶蘭ですが、二つはすでに死んでしまいましたが(胡蝶蘭、死す!(対応が遅かった・・・))、最後の1つは元気で生き延びています。

こんな感じ。
生き延びた胡蝶蘭 - 1

端の方の葉が少し垂れて来た気がしますが、真ん中から力強く伸びて来たので、何とか回復したようです。これは嬉しい誤算ですね。

■ 後書き

帰宅する時間が遅いので、冬になると自宅の温度が低い状態が長く続きます。胡蝶蘭にとっては厳しい寒さなので、冬になったら枯れるかとも思ったのですが、今年は家に人が居てくれるので、少しは生き延びる可能性が出て来ました。

春になったら、花咲かせてくれるでしょうか?今から楽しみです。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

電子タバコmyBluが気に入りました

■ 加熱式タバコ

去年の冬くらいに、飲み会の席でgloを手に入れました(飲み会に行ったらgloが手に入った)。

せっかく購入したので使っていたのですが、やっぱり体に合いません。何をどう言っても、タバコはタバコなので、吸うと頭がクラクラするのです。

・・・うーん、やっぱりダメだね。

■ 電子タバコ

そこで目をつけたのが電子タバコ。色々と問題もあるようですが、タバコよりは良いと思うのです。と言っても、雨後の筍のごとく様々な種類が出ているし、継続使用するのであれば手近で購入できると助かります。

その要求を満たすのが、このmyBluです。具体的には、コンビニで扱っていました。
電子タバコ - 1

スターターキット(本体、充電器、フレーバー1つ)が3,000円くらいで手に入ります。
電子タバコ - 2

USBで充電するのですが、本体が小さいだけあって20分くらいでフル充電されます。
電子タバコ - 3

■ 吸って見た

何種類かフレーバーがあるのですが、どれを吸っても微妙な甘さを感じます。最初はタバコっぽい味を求めてタバコ味を吸って見たのですが・・・、うん、別物ですね。これはダメです。

一通り試して見たのですが、煙こそ強く出るのですが、吸いごたえが加熱式タバコに比べると随分と弱くて物足りないです。うーん、純粋に香りを楽しむものと考えると、まぁ、良いのかなぁ?

とか思っていたのですが、ストロングメンソールというフレーバーを試したら、これが想像以上にストロング。また、それには劣りますが、アイスベリーというのも結構吸いごたえがありました。

フレーバーによって結構変わるので、これはこれで良いものだと思いました。

何よりも、ニコチン・タールが不使用なだけあって、吸っても頭がクラクラしないのが良いです。

■ 後書き

交換用のフレーバーは、2つ入っていて900円くらいだったでしょうか。説明書には1つで300回吸えると書いていますが、これは1〜2時間に1回の喫煙で3日程度でなくなる感じです。

面白いのは、加熱式タバコと比べてランニングコストが変わらない所です。ほぼ同じ感覚で吸えますね。

ところで、ユーザー登録をしたら公式サイトで使える無料クーポンが手に入ったのですが、送料とか色々と計算すると、コンビニで普通に買ったほうが安いと言う寂しい結果になりました。

・・・何だかね。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

ノースサファリサッポロに行ってきた、楽しかった!

■ ノースサファリサッポロ

先日、ノースサファリサッポロに行ってきました。本当は紅葉を見ようと思っていたのですが、少し時期が早かったらしく、まだ良い感じではなかったのです(2019年9月22日の話です)。

もともと、紅葉が良い感じならドライブ、ダメならノースサファリサッポロと考えていたので、後者のプランを採用です。

さて、札幌から見て左手側に入るのですが、左折しようとしたら案内係りの人に「上の駐車場は満車、右手側に入って車を止めて、そこからシャトルバスで行ってくれ」と言われました。

右手側の駐車場入り口で待ち構えている人に駐車料金500円を渡して停車、シャトルバスの乗車待ち列に並びます。そこそこ人がいまして、2往復くらい待ちました。

■ 入園

シャトルバスを降りて、少し歩いて受付に向かいます。どうやら、辺り一帯の土地を抑えている訳では無いようで、周りを見渡すと農業を営んでいるのが分かります。いや、普通に畑とか温室とかあるし。

さて、少し進んで受付で入園料を払って中に入ります。支払いはPayPayです。場所が山の上なので通信が通るか心配だったのですが、FreeWiFiが設置されていたので助かりました。

ちなみに、どういう関連なのかスーパー銭湯の3施設が入園券の提示で割引になるそうです。定山渓温泉の手前で、札幌側のスーパー銭湯(温泉では無い)との提携って少し不思議です。
ノースサファリサッポロ - 1

さて、ここからは写真をどうぞ。
ノースサファリサッポロ - 2

ノースサファリサッポロ - 3

ノースサファリサッポロ - 4

ノースサファリサッポロ - 5

ノースサファリサッポロ - 6

ノースサファリサッポロ - 7

ノースサファリサッポロ - 8

ノースサファリサッポロ - 9

ノースサファリサッポロ - 10

ノースサファリサッポロ - 11

ノースサファリサッポロ - 12

ノースサファリサッポロ - 13

ノースサファリサッポロ - 14

ノースサファリサッポロ - 15

ノースサファリサッポロ - 16

ノースサファリサッポロ - 17

ノースサファリサッポロ - 18

ノースサファリサッポロ - 19

ノースサファリサッポロ - 20

ノースサファリサッポロ - 21

ノースサファリサッポロ - 22

ノースサファリサッポロ - 23

ノースサファリサッポロ - 24

やっていることは動物園と大差ないのですが、動物との距離感が一際近い、エサ(100円)が大量に設置されていて楽しい、敷地が狭いので長々と歩かなくて良いと、大満足でした!

■ 食事

通常の入り口をスルーして奥に進むと、食事が出来る場所(体験型フードコート ンゴロンゴロ)がありました。

普通のフードコートの食事もおいているのですが、やはりゲテモノを扱っているのが特徴でしょうか。以前から、サソリを食べて見たかったのですが、残念ながら売り切れでした。

そこで、代わりに選んだのがカエルです。これも興味があったんですよね。
ノースサファリサッポロ - 25

ちなみにカエルは、小さい5匹と大きい1匹の2つから選ぶことが出来るそうで、上の写真は大きい方です。

何かの話で、カエルは鶏肉に近い味がするというので期待していたのですが、可食部は少ないし、全体的に水っぽいし、そもそも冷えた状態で提供されるしと、期待外れで悲しかったです。

ちなみに、バーベキューも可能らしいです。必要なもの(道具から食材まで)が全て揃った状態で提供してくれるので、道具は持ちたくないけど、たまにバーベキューも良いねって人にはいいのかも知れません。

■ デンジャラスの森

フードコートから少し進んだ場所に、デンジャラスゾーンという少し危険な生物がいる一角があります。こちら、改めて受付があるのですが人は不在。呼び鈴のようなものがあるので押しても特に音もならない。

少し迷ったのですが、そのまま中に入ると奥から施設の人が走ってやってきました。もしかすると、無音で通知が流れるのかも知れませんね。係りの人の求めに応じて、最初の受付で受け取った入園証を見せて先に進みます。

写真はこちら。
ノースサファリサッポロ - 26

ノースサファリサッポロ - 27

ノースサファリサッポロ - 28

ピラニアです。
ノースサファリサッポロ - 29

ノースサファリサッポロ - 30

ワニの上を歩きます。
ノースサファリサッポロ - 31

どうやら本当に危険度が高いらしく、動物に触れる気配を感じると施設の人から即座に注意が飛んできます。と言っても、子供が入園できるくらいなので、大げさに言うほどのものでも無いのですが、それでも他では体験できない感じで面白かったです。

■ 帰宅

本当は、アトラクションも楽しみたかったのです。ジャングル体験、ターザン、ツリークライミング、すごく楽しそうです。年甲斐もなくはしゃいじゃいそうです。

ですが、時間&体力切れです。それに、もう秋なので少し寒かったので、この辺りは来年の夏にでも行ってみようと思います。うん、今から楽しみです。

さて、シャトルバスで来たので、帰りもシャトルバスです。降車した場所(駐車場)まで戻るとバスがあります。近づくと、施設の人に向かう先(アドベンチャー?)を聞かれたので「下の駐車場」と返答すると、そのまま乗るように指示されました。

後は、下の駐車場まで運んでもらって全行程終了です。

■ 後書き

ノースサファリサッポロは、札幌から見て定山渓の入り口くらいの場所にあります。一言でいうと、触れ合い型の動物園みたいなものらしいのですが、10年以上も札幌に住んでいるのに行ったことがありませんでした。

・・・いや、一緒に行く人もいなかったしね。

実のところ、私1人なら最初にシャトルバスと言われた時点で面倒に感じて帰ったと思われますが、他に人がいると抵抗感が薄れるんですよね。何だか不思議な感じがします。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop