社内SEの徒然なる日記

プロジェクトリーダー(自称)だが、メンバーが・・・

■ プロジェクト計画

少し大きめのプロジェクトが動いてい、私が実質的なプロジェクトリーダーとしてプロジェクト計画を立案して進めていました。

ここで指標とするのが、以前学んだプロジェクトマネジメント。まぁ、資格試験の結果は残念なものでしたが(プロジェクトマネージャ、ダメでした・・・)、学んだ知識は無駄ではありません。

ってことで進めているのですが、計画立案において困ったのが人員の割り振りです。

■ 人が振れない、動かない

勤め先の部署は、いわゆる情シスなのですが、10年近く前の基幹システムを再構築しています。それまでのホスト系から、WEBアプリに乗せ替えたわけです。

その結果、それまでホスト系で育ってきた人員のスキルが途絶え、当時若手だった私だけが技術面の担当となりました。

そう、そうなると今のシステムの技術面に関する事に関して振れる人間がいない。若い人間がいれば、将来の成長を見越して出来なくても担当してもらうのですが、見回すと50を過ぎ、60に迫るオッサンばかりで、流石に振れない。

この時点で、私がプロジェクトリーダーと実務担当を兼任することが確定。それでも、運用面や技術に関係ない件に関しては割り振ったのですが、動かなかったり、進捗管理表に入力しなかったり、エビデンスがいい加減だったり、勝手に作業を追加したり・・・

■ 後書き

まぁ、部署自体が良くある(と思う)属人化が進んだ部署なので、計画に従って仕事を進めるという事に不慣れ&勝手にやりたいって人間ばかりなので、こうなるのは分かってはいました。

なので、プロジェクト計画もそれを前提として緩く作りましたし、公式な進捗管理はかなりザックリしたものにして、私自身がメンバーに口頭で話しかけて実体の把握に務めるようにしていたので、プロジェクト自体としては上手く廻ってはいるのですが、もうちょっと計画的に仕事を進められる組織にしていきたいものです。

しっかし、メンバー全員が私よりも年長なのに、プロジェクトリーダーが私と言うのは、ちょっとやりにくいですね。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

基幹システムの移行!(2017)の徹夜でダウン(風邪)

■ バックアップ

勤め先の基幹システムは、夜間バッチが動くタイプのシステムです。日次処理、月次処理とあって、年次処理もあります。

さて、基幹システムの移行に伴って夜間バッチのテストもしているのですが、今は4月上旬で、ちょうど年次処理を実行するタイミング。これ幸いと、年次処理直前のバックアップを移行して、新システムでテストすることにしました。

さて、問題は年次処理直前のバックアップです。Oracleのエクスポートを実行したいのですが、日々の運用では夜間バッチ前のデータは抜いていません。ってことで、私がジョブスケジュールを調整して手動でバックアップを取得することにしました。

■ 徹夜

夜間バッチと言うだけあって、処理が夜間に実行されます。なので、その日は遅い時間に出社させてもらいました。シフト勤務ってやつです。

んで、バックアップを取得して、夜間バッチを手動実行して・・・と一連の作業を続けて、全てが終わったのは朝の6時頃。当初の予定では帰宅して少し休んでから出社するつもりだったのですが、色々と会議とか検討事項とかがあって帰れない・・・

結局、24時間を超える勤務になりました。そして、帰宅後はシャワー&ベットに直行。

・・・翌日、喉が痛い。

・・・・・・さらに翌日、体が気だるい。

風邪ですね。

■ 後書き

たった1日の徹夜で風邪を引くとは、私も年を取ったものです。筋トレとかに精を出しているので、単純な体力だけなら若い頃よりもあるはずなのですが、寄る年波には勝てないと言うことでしょうか。

ま、深刻な状態ではないので、このまま安静にしていたら仕事に影響はなさそうです。

それにしても、私が後を託せる人間が早く欲しいものです。そうすれば、もうちょっと楽になるのですが。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

基幹システムの移行!(2017)

■ 基幹システム

実は、近いうちに基幹システムの移行が発生します。ハードの保守が5年程度で切れるので、それに伴う移行なのですが、この機会に色々と詰め込んでみました。

分散されていたデータベースの集約。バックアップ基盤の整備。仮想化によるサーバー台数の削減。使っていない、あるいは使用頻度が極端に低いソフトの棚卸。

・・・うん、思ったより結構やりましたね。

ちとハラハラする部分もあったのですが、結構良い感じに進んでいます。特にデータベースの集約の効果はすごい。ここに費用を集中して、メモリをTB級まで増やして、ハードディスクはSSD。めちゃくちゃ早くなりました。

バックアップの各システム個別に用意していたのをやめて、専用の出力先(つまり、NAS)に出力するようにしたのでテープ装置(忌まわしいLTOチェンジャー)が無くなったのも地味に大きい。

結構、良い感じです。

■ 棚卸

よくあるケースでしょうが、案外使っていないソフトというものはあるものです。特に、専門的な知識を持った人がいなければ、足元を見られて無くても良いソフトが入ってきたりします。

私が見た所、結構な本数があったので思い切って削りました。これ、かなり強い抵抗があったのですが、強行したのです。最悪、足りなければ追加すれば良いやって。

いや、費用もそうなのですが、ソフトがあると、ただそれだけで色々と手間が発生するのでスッキリさせたいという思惑もあったのです。

が、やっぱり削りすぎたかもです。きちんと見たはずだったのですが、どうも1本必要なソフトが足りない気配。

・・・うん、そのくらいは想定済み。リスクのないところにリターンはない!なんとかしましょう。

■ 後書き

1年以上かけて色々とやっていたので、今にして思えばシリーズものにして書いても良かったかもです。

まぁ、ここ最近投下したASTERIAとか、jarといった技術系の記事は、大体が移行の絡みなので、記事自体は結構な数になったのですが、移行という意味ではあまり書いていませんでした。

エンジニア系のブログのネタとしては良いものだと思うのですが、もう少しで終わるので今更感が強いし、ちょっと勿体無かったかなとも思います。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

設計書の作成ツールが欲しいけど・・・

■ SI Object Browser

データベースの管理に「SI Object Browser」というソフトを使っています。と言っても、実際にはSQLの実行がメインなので、フリーのツールでも代替できるのですが、その筋では有名なソフトらしく、そこそこ使いやすいので愛用しています。

値段も、そんなに高くないですしね。

さて、実は基幹システムの移行作業をしていて、その過程でOracleのVer.が11gから12cに変わります。そして、今使っている「SI Object Browser」のVer.だと12cに対応していないらしいので、買い直しになりそうです。

ってことで、インターネットで「SI Object Browser」の情報を集めていたら、検索サイトとかに出てくる広告に「SI Object Browser Designer」とかが出てくるようになりました。

■ 設計書の作成ソフト

この「SI Object Browser Designer」って何かと思ったら、設計書を作成するソフトらしいです。

ホームページ(http://www.sint.co.jp/products/obdz/)の説明を引用させて頂きます。


SI Object Browser Designer(OBDZ)はソフトウェア開発の上流工程である基本設計・詳細設計をシステム化し、合理化・標準化を実現するアプリケーションです。現状はExcelやWordによる基本設計書・詳細設計書の作成が主流ですが、「修正箇所が複数にわたり不整合が発生する」、「設計書の記述ルールや フォーマットを統一できない」、「変更管理ができない」など、多くの課題を抱えています。


確かに、その通り。非常に困っています。Excelで作っているのですが、フォーマットを整えるのも面倒だし、不整合は起きるし、変更が重なった処理だと設計書がグチャグチャになって、もうソース追った方が早いという有様です。

後、せっかく設計書を作っても、それを、後追いが出来ないのも不便です(例えば、あるテーブルを使用している処理を洗い出すなど)。それようの資料を別に用意すると、今度はそっちの修正を忘れて実体と乖離するし。

どこでも、困っていることは同じなんですね。

■ 欲しいけど・・・

さて、色々と出来そうなのですが、私が良いと思ったのは「単体テストの仕様書作成の自動化」と「モックアップ(HTML)出力」。どちらも手間が掛かる部分なので、これだけでも欲しいと思っちゃいました。

ソースの自動作成は出来ないようだけど、その手の機能で出来るソースって大抵色々とアレなので、別になくても良いしね。

問題があるとしたら、自社で管理しているのが基幹システムの一つだけなのと、設計者が私しかいないって点でしょうか。設計書が云々と言っても、誰も必要性を理解してくれないだろうし。

ま、もうちょっと開発者が増えて、仕事に余裕が出来たら考えてみようかな?

■ 後書き

「SI Object Browser」を買い直しと書きましたが、実際にはどうなんでしょうね?

費用を払って保守契約を結んでいればバージョンアップは無料と書いていましたが、保守契約が無い場合は別の料金体系があるのか、買い直す以外に方法がないのか、どちらかでしょうか。

ホームページには、保守契約が無い場合のバージョンアップについては記載が見当たらないですし、これは素直に聞いてみるしかないですね。

購入時に保守契約を結ぶのが筋なのでしょうが、基本はSQLの実行と実行結果のExcel出力だけなので、無駄と判断して保守契約は結んでないんです。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end --- スポンサードリンク

PageTop

移行データ取得のための徹夜が辛い

■ 移行データ

今、基幹システムの移行プロジェクトを進めているのですが、それも大分良い感じで進んできました。つまり、そろそろテスト工程に入りそうです。

そういうことで、テスト工程で使うための移行データを準備することにしました。取得したいのは、月次処理(夜間処理)の直前のデータ。これを移行して月次処理を実行すれば、新旧の比較テストができます。

このデータなのですが、日々の運用で取得しているバックアップが使えれば良かったのですが、そうも行きません。

■ 徹夜

日々のシステムのバックアップは、夜間処理の直前と直後の2回取得しています。直前の方は、ストレージの機能を使用したバックアップ。直後の方は、Oracleexpdpです。

移行で使いたいのはexpdpの方なのですが、月次処理が終わった後のデータでは意味がないので、手動でバックアップを取得することにしました。

・・・徹夜だよ。

■ 調整

流石に辛いので、夕方から出勤させてもらいました。本当は、もっと遅い時間に出勤したかったのですが、夕方に会議が入っていたので断念しました。

さて、手動でバックアップといっても、これが意外と手間です。夜間帯って結構色々な処理が動いているので、その順番を変えると辻褄が合わなくなって処理が異常終了したりします。

下手にスケジュール自体を止めると、後で戻し忘れるっていうオチが付きそうなので、当日のみ起動しないように調整します。この辺りは、やっぱりジョブの運用監視ソフトは設定が楽で良いです。Windowsのタスクスケジューラでも多少は出来ますが、やっぱりちょっと不便です。

■ 辛い

そんなこんなで処理を調整しているうちに、あっという間に深夜に到達。遅出だったので日中はゆっくりと休んでいた(というか、寝ていた)のですが、やっぱり深夜になると眠いです。

なんだか頭も回らなくなってくるし、コーヒーを飲んでも頭にモヤが掛かった感じだし、色々と宜しくないです。

・・・うーん、私も歳ですかね?

ま、ある程度は体が辛いだろうと思っていたので、月曜日は有給を取得しているので、ゆっくりさせてもらいましょうか。

■ 後書き

実際には色々と問題が出ました。肝心の移行データの取得処理が異常終了。なんだろうと思ったら、バックアップ処理が日付を跨いだことが原因でした。

処理の開始時点で当日の日付でフォルダを作成します(20170203とか)。そして、処理の最後でログの解析をするために作成したフォルダにアクセスするのですが、その時のアクセスの仕方が当日の日付のフォルダを探すというもの。

この場合、開始時点は2月3日ですが、終了時点では2月4日なので見事にフォルダ存在エラーとして異常終了しました。

その他、まぁ、色々と軽微な問題に気がついてしまいまして、ちと考えものでした。移行前に、夜間処理を色々と見直さないとマズそうです。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop