FC2ブログ

社内SEの徒然なる日記

サツマイモの味と末路(2021年1月)

■ サツマイモの味

収穫したサツマイモ(サツマイモを収穫しました(2020年11月1日))ですが、去年の11月末頃に食べてみました。
育てたサツマイモの味と末路 - 1

育てたサツマイモの味と末路 - 2

食感は悪くはなかったのですが、甘さをほとんど感じません。正直、これは失敗ですね。

サツマイモは痩せた土地の方が美味しく育つと聞きます。サツマイモの周辺に別の作物を育てていたので、ちと肥料過多だったのか知れません。

来年は、サツマイモだけを別に分けて育ててみようと思います。

■ 後書き

その後、サツマイモは階段下収納に眠っていたのですが、私も妻もすっかり存在を忘れていました。その結果が、コレです。
育てたサツマイモの味と末路 - 3

育てたサツマイモの味と末路 - 4

カッチカチやで〜(苦笑)。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

大根の葉っぱと焼きのりでおつまみ作成!

■ 葉っぱ

家庭菜園で育てた大根は妻が有効活用してくれているのですが、葉っぱの方は基本的には捨てることになります。それはそれで良いのですが、聞くところによると大根の葉っぱって食べられるらしいのです。

そこで、ネットで作り方を調べてみたのですが、パッと出てくる方法だと自宅にある食材だけで作れません。

何か良い方法が無いかと調べていたら、焼きのり、ゴマ、めんつゆで作れる方法が見つかりました。これなら出来るかな?

■ 調理開始

まず、大根の葉っぱを水洗い。
大根の葉っぱでおつまみ - 1

適度に刻んで、もう一度水洗い。
大根の葉っぱでおつまみ - 2

後は、これで準備完了です。
大根の葉っぱでおつまみ - 3

葉っぱ、焼きのり、めんつゆで煮詰めます。
大根の葉っぱでおつまみ - 4

火が通ったらゴマを投入。
大根の葉っぱでおつまみ - 5

さらに煮詰めて完成です。
大根の葉っぱでおつまみ - 6

・・・実は、ちと作り方が怪しいです。何せ、実際に作ったのは2ヶ月くらい前でして。もしかすると、最後にごま油を入れていたかも知れません。

まぁ、そこそこ美味しく出来たので、これはこれで満足です。

■ 後書き

久しぶりに料理(ってレベルじゃ無いけど)をしたのですが、これが結構面倒でした。炒めるのは別に良いのですが、葉っぱを刻んで洗うのが面倒に感じます。いつも料理を作ってくれる妻には感謝しないといけませんね。

なお、後日同じく作ろうとしたのですが、私が面倒に感じているのを察したのか妻が作ってくれました。

・・・作り方、それほど変わらない筈なんですが、私が作るより美味しかったです。

うーむ、こういうことが続くと妻への依存が深まりそうで、ちと問題かも知れません。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

秋の大根に挑戦(前編)

■ 秋の大根

ゴールデンウィークに始めた家庭菜園ですが、8月も終わりになると終了し始めます。なのですが、張り切って色々と始めた身からすると少し寂しいです。出来れば雪が降る直前まで楽しみたいところです。

そこで、秋物の種を調達しました。緑輝大根(りょっきだいこん)という寒さに強い品種らしいです。
秋の大根に挑戦 - 1

本来、今年は使う予定のなかった堆肥と雑草を処理するために作った場所に植えてみました。ふるいに掛けた土と家庭からでた堆肥だけなので育つか怪しかったのですが、どうなるでしょうか。

■ 成長記録

2020年8月31日。芽が出てきました。
秋の大根に挑戦 - 2

2020年9月2日。
秋の大根に挑戦 - 3

2020年9月4日。
秋の大根に挑戦 - 4

2020年9月8日。
秋の大根に挑戦 - 5

2020年9月12日。
秋の大根に挑戦 - 6

2020年9月19日。心配を他所に、ニョキニョキと育っています。
秋の大根に挑戦 - 7

秋の大根に挑戦 - 8

2020年9月22日。
秋の大根に挑戦 - 9

2020年9月26日。
秋の大根に挑戦 - 10

2020年10月4日。想像以上に葉が育ってきました。
秋の大根に挑戦 - 11

ふと下から覗き込んでみると、良いものが見れました。
秋の大根に挑戦 - 12

うん、大根になってきましたね!

■ 反省

種の説明文には、同じ場所に種を3つくらい撒いて、途中で成長の悪いものを間引くように書かれていました。そんなものかと思って従ったのですが、ちょっと考えものでした。

確かに、同じ場所に植えても明らかに育ちに違いがあるので良いものだけ残すというのは合理的だと思うのですが、実際にやってみると手間だし難しかったです。

間引こうとした結果、残すべき方まで傷つけてしまったこともあります。それに、休日くらいしか時間の取れないサラリーマンには間引きの時間も惜しいです。

プロならともなく、素人の遊びなのですから、来年からは手間を省いて一か所に種1つにしようと思います。

■ 後書き

この種、ホームセンターの園芸コーナーで購入したのですが、大根だけでも膨大な品種が販売されていて、正直どれを買って良いのか戸惑いました。

選択肢があるのは良いことですが、素人には逆に難しいです。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

サツマイモの試し掘りをしてみました(2020年10月11日)

■ つる返し

サツマイモが元気に育っています(サツマイモが大繁殖しています)。

以前の記事でも書きましたが、つる返しをしてみました。

2020年9月19日。
サツマイモの試し掘りa - 1

サツマイモの試し掘りa - 2

サツマイモの試し掘りa - 3

つるを持ちあえげて引っくり返すだけなのですが、思ったよりも重くて嵩張るので少し大変でした。何よりも雑に扱ってサツマイモを痛めることが心配です。

ただ、確かに放置すると根を出すらしく、少し根が生えていました。

■ 試し堀り

サツマイモは大きくなりすぎると甘味が少なくなるらしいです。と言っても相手は土の中なので大きさがわかりません。

そこで、収穫予定時期の2週間前くらいに試し堀りをして大きさを確認すると良いそうです。

2020年10月11日。
サツマイモの試し掘りb - 1

サツマイモの試し掘りb - 2

サツマイモの試し掘りb - 3

どこにサツマイモがあるか分からないので、植えた場所から30センチ位離れた位置にスコップを差したのですが、何やら最初の一差しで紫色が見えます。って言うか、少し削ってしまいました。

んー、まっすぐ下に出来ると思っていたのですが、地面に並行より少し下向きに出来ています。もしかして、植える時に斜めにしましたっけ?

当時の写真(家庭菜園が軌道に乗ってきました(2020年5月30日))によると、確かにそうなっています。

とりあえず3本確認しましたが、まだまだ細くて寂しい出来です。これは11月上旬まで放置してした方が良い気がします。

■ 後書き

サツマイモは植えてから食べられるまで長い時間が必要です。札幌近郊であれば、ゴールデンウィーク辺りに植えて、収穫が10月末から11月上旬らしいです。

・・・うん、これって雪解けから降り始めまで掛かるってことですよね。

まぁ、雪が降るギリギリまで楽しめると考えると、これはこれで良いと思いますかね。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

妻が作ったオムライスで逆転現象発生(笑)


ある意味で当然ですが、妻は結婚するまで頻繁に料理をしていた訳ではありません。

今は専業主婦をしてもらっているので家事についてはお願いしているのですが、その結果、少しずつ料理が上手になってきました。

ある日の夕食、オムライスを作ってくれました。卵でご飯を包むのが難しいようです。
妻のオムライス - 1

続けて、自分(妻)の分を包もうとしたのですが、何故かこうなりました。
妻のオムライス - 2

・・・うん、頑張れ(笑)

■ 後書き

本人曰く、間違って卵を先にしてしまったとか。個人的には面白いと思うのですが、妻としては色々と思うところがあったらしいです。

翌朝の朝食、リベンジの結果です。
妻のオムライス - 3

これはこれで綺麗に包めていますが、個人的には妻のいう失敗作の方が見ていて楽しかったりします。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop