社内SEの徒然なる日記

社内SEの徒然なる日記(2017年6月7日)モスバーガー

■ モスバーガー

少し前の話ですが、会社の帰り道にふとモスバーガーを食べたくなったので行って見ました。

モスバーガーに行くと、いつも代名詞の「モスバーガー」を注文するのですが、この日は期間限定の「アボガドサラダバーガー」にして見ました。
モスバーガー - 1

さて、写真では野菜たっぷりって感じだったけど、実物はどうだろうかって思っていたら、思ったほど野菜づくしではない感じ。
モスバーガー - 2

上の方にあるのがアボガドなのでしょうが、柔らかくクニッと口の中でとろけて、特に味を感じずに胃の中に消えて行きました。ハンバーガーの全体としては良くまとまって美味しいと思うのですが、どうもアボガドの味って良く分かりません。

バーガーだけだと寂しいので、一緒にオニオンポテトも頼みました。
モスバーガー - 3

昔のモスバーガーのポテトは太めでホクホクって感じだったのですが、今はやや細めにしているようです。個人的にはこっちの方が好みなので嬉しいです。

うん、久しぶりのハンバーガーでしたが、たまには良いですね。

■ 後書き

個人的には、ハンバーガーで一番美味しいと思う店はモスバーガーです。マクドナルド、ロッテリア、バーガーキング、ドムドムバーガーなどのハンバーガーチェーンの中ではって意味ですが。

モスバーガーで面白いと思うのは、普通の飲食店に近い接客だってことです。注文はカウンターでするけど、席まで運んでくれるのが基本で、食後も自分で片付けなくて良い。ちょっと変わってる感じです。

いっその事、席に注文を取りにくる方式だとゆっくりと考えられて良いのですが、それをしちゃうと人手不足で店が回らなくなっちゃうかな?

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

札幌白石区の食事処 かつ亭 で鍋焼きうどん&親子丼

■ かつ亭

札幌市白石区に、お昼だけ営業している「かつ亭」と言う食堂が存在します。昼間しか営業していないので、なかなか行く機会はないのですが、日曜日の昼間に近くを通ったので、こちらで昼食とすることにしました。
かつ亭 - 1

店名の通り、メインはカツで、こちらは定食屋の美味しいカツを食べられます。なのですが、メニューは結構幅広いです。つまり、定食屋ですね。
かつ亭 - 2

かつ亭 - 3

かつ亭 - 4

かつ亭 - 5

少し悩んだのですが、好物の鍋焼きうどんに&親子丼のセットメニューにしました。
かつ亭 - 6

刻んだキャベツがサラダに出てきたのですが、まさに手で刻みましたと言う感じで、珍しく感じます。そして、何より驚きなのが、この自家製マヨネーズ。
かつ亭 - 7

マヨネーズは手作りらしい味がするので、キューピーのマヨネーズに慣れた下には不思議な感じがします。そして、鍋焼きうどん、親子丼も安定の味。メチャうまって感じじゃないけど、普通に美味しいです。

■ 後書き

このお店、会社の上司に連れられて訪問したのが最初でした。当時はまだヒラで給料も安く、メニューの値段を見て「高い(>_<)」と思ったのを思い出します。

何せ当時の私は給料が安かったし、外食と言えば吉野家の牛丼か、そこらのラーメン屋くらいしか行っていませんでしたから、随分と高いと感じたものです。

ってことで、初めて行ってから次に訪問したのは、私の給料が上がって生活に余裕ができた数年後でした。こう考えると、なかなか感慨深いものがあります。

・・・そして、記事を書いているとカツを食べたくなってきました。明日の昼はカツで決定ですね。

かつ亭



関連ランキング:とんかつ | 白石駅(JR北海道)



最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

らぁめん くらり で焦がしニンニク特製醤油味!

■ くらり

少し前に平岸の方に行ったのですが(アクセスサッポロでツルハフェスタ開催(2017年5月20日、21日))、そっちの方って私の行動圏外だったので、途中にある飲食店が気になって仕方ありません。

大仕事が終わって少し余裕ができた(というか、少し休みたい)ので仕事を定時で上がって行って見ることにしました。

この日は、らぁめん くらり です。
らぁめんくらり - 1

米里行啓通を平岸方面に進んでいくと左手に見える小さなラーメン屋です。こういうお店って妙に気になります。

かなり昔から営業しているのか、店内は歴史を感じます。ティッシュペーパー、ゴミ箱、トイレと必要な設備は揃っているので、施設としては悪くありません。
らぁめんくらり - 2

らぁめんくらり - 3

らぁめんくらり - 4

らぁめんくらり - 5

メニューはラーメン一本。ラーメン屋はやっぱりラーメンで勝負ってことですね。

■ らぁめん 黒

通常らぁめんも気になるのですが、おすすめの「らぁめん 黒(焦がしニンニク特製醤油味)」にしてみました。
らぁめんくらり - 6

見た目、かなり黒っぽいです。焦がしニンニクという系統のラーメンは他でも食べたことがあるのですが、ここのはかなりキツめの黒っぽいスープです。
らぁめんくらり - 7

これは、かなり濃いめの味だろうと予想しながらスープを口に運んだのですが、意外と優しい口当たり。確かに焦がしニンニクの風味は感じるのですが、コゲっぽさがあまり感じません。

その割に、麺やチャーシューに味が染みている感じで、スープと合わせて良い感じに味がまとまっています。うん、美味しい。

初訪問だったので、餃子もお願いしました。こちらは、特筆する点のない普通のラーメン屋の餃子でした。
らぁめんくらり - 8

■ 後書き

住所は「札幌市白石区 東札幌2条4-2-1」裏に2台駐車場があるそうです。

少し気になるのは、メニューの先頭が「しお」だったことです。そして「みそ」は一番下。おすすめの方に至っては「みそ」がありません。

今度行く機会があったら「しお」を食べてたいです。

らぁめん くらり



関連ランキング:ラーメン | 東札幌駅白石駅(札幌市営)



最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

さっぽろ特濃カレーのディナーコースが結構良かった

■ さっぽろ特濃カレー

さっぽろ特濃カレーでスキレットを頂いたのですが(さっぽろ特濃カレーに再挑戦してスキレットを頂きました)、やはり普通のカレーを食べたいです。

っていうか、この店のコンセプトが家庭カレーの究極らしいのですから、石焼やスキレットはどちらかというと邪道な気もします。

この日は久しぶりに定時で帰れたので、行って見ることにしました。

■ ディナーコース

当初の予定は単品でオリジナル特濃カレーを頼むつもりだったのですが、机の上にディナーコースの案内が置いています。
さっぽろ特濃カレー - 1

要するに、オリジナル特濃カレーに色々つけたセットメニューみたいです。予定より超過してお財布に厳しいのですが、ここは独身貴族の貫禄というものを見せ付けましょうかね。

ドリンクは、ラッシー(イチゴ)。カレー屋でドリンクといえば、やっぱりラッシーだと思います。
さっぽろ特濃カレー - 2

そして、本命のカレー。トッピングは鶏からあげにしました。
さっぽろ特濃カレー - 3

単品で頼んでいたとしたら、ルー大盛りにするつもりだったのですが、トッピングがついたので量は普通のままです。純粋にカレーを楽しんだのは初めてだったのですが、うん、美味い。妙に気取った味がしない、私が希望するカレーです。

からあげも美味しいし、大満足でした。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

すき家のカレーが吉野家に完敗!

■ カレー

この前、マクンベツ湿原にサイクリングに行った(マクンベツ湿原までサイクリング(2017年5月))のですが、出発前の腹ごしらえは、すき家の黒毛和牛のビーフカレーでした。

値段も妙に高いし、すき家でカレーとか訳がわからないのですが、頼んだ理由は前日に食べた吉野家の黒カレー(吉野家の黒カレーが値段の割に美味い!)の繋がりで気になったからです。
すき家のカレー - 1

すき家のカレー - 2

マクンベツ湿原(2017年) - 2

さて、お味はッと・・・

うん、美味しい。安心して食べられる感じの普通に美味しいカレーです。まさに大衆向けのビーフカレーって感じで味は悪くありません。

・・・味はね。

問題なのは、競合の吉野家のカレーの倍以上の値段なのに、味で圧倒できていないってこと。どうしても同業ってことで吉野家と比較してしまいます。

■ 後書き

もちろん、吉野家がカレーに力を入れているタイミングだったってのはあるでしょうが、食べる方としては関係ないですから、これは完敗と言わざる得ないでしょう。

それに、味は悪くないと書きましたが、値段の割に高いと感じます。890円出すなら普通にカレー屋で食べればいい訳だし、すき家で食べる理由がない。

他のメニューとのバランスとか考えても600円以下に抑えないと、もう一度食べたいとは思えません。むしろ、なぜメニューにカレーを用意しているのか不思議でならないです。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop