社内SEの徒然なる日記

札幌中央区の健康づくりセンターで筋トレ(かなり良かった!)後編

■ 健康づくりセンター

健康づくりセンターに入ると、入り口に案内が立っています。うん、そりゃ初めての人はどこに行ったらいいかわからないよね。
健康づくりセンター(中央区) - 7

このビル、運動系の施設以外にも色々と用途があるようです。まぁ、運動施設しかなければ体育館って名乗るだろうし、そりゃそうですよね。

入り口には特に受付などはなく、エレベーター2基と階段があるだけです。4階なのでエレベーターにしようと思ったのですが、これも運動と思って階段で進みます。

まだ・・・知らない方が多すぎる!!
健康づくりセンター(中央区) - 8

実は・・・1回390円♪健康づくりセンター
健康づくりセンター(中央区) - 9

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いや、ここに貼っても。

ここに来て、わざわざ階段を登るような酔狂な人間は、既に知っていると思うのですが。まぁ、面白いことは事実ですが。

んで、到着。階段の踊り場の防火扉が入り口だそうです。
健康づくりセンター(中央区) - 10

健康づくりセンター(中央区) - 11

■ 受付

防火扉を開けると、普通に入り口でした。
健康づくりセンター(中央区) - 12

正直、開けたら防火扉に貼ってあった写真の場所に出て注目の的になるんじゃないかとドキドキしていたのですが、一安心です。なお、すぐ左手がエレベーターでした。

外履は、ここで脱いで靴箱にしまうようです。鍵もついていて無料で、これは本当にありがたいです。数は少ないですが、ブーツ用の大きめの靴箱も何個か(目についたのは6つくらい)ありました。

上の写真だと、奥の左手に受付があって、そこに券売機が見えます。この券売機は、各区の体育館にあったものと同じ機種に見えます。

ここ、体育館の回数券って使えるんだろうか?って思って受付の方に聞いたのですが、ダメだそうです。体育館と健康づくりセンターって管轄が違うのかな?

素直に券を購入。今回は様子見なので回数券は買わずに1回券です。

受付に渡すと「続けて利用されますか?」と聞かれたので、「今回は様子見」と伝えると、名簿(らしきもの)を取り出して記入するように言われます。

書くのは、使用日、地区(白石区とか)、年齢、男女。ふむ、使用者の傾向を把握するのが目的みたいです。多分、続けて使うと答えたら会員カード見たいなのを渡されたと見ました。

■ 更衣室

受付から向かって左130度回転したあたりが男性用更衣室のようです。更衣室の前にトイレがあり、上着をかけるハンガーが少量ですが設置してありました。

更衣室は、かなり狭め。そして、更衣室の奥にシャワールームが見えます。のぞいて見たのですが、3つくらいシャワーがあります。もちろん、シャンプーやボディーソープの設置は無しです。

ロッカーは縦長で鍵付き。
健康づくりセンター(中央区) - 13

コイン制ですが、素晴らしいことに使用後に返却するタイプでした。
健康づくりセンター(中央区) - 14

■ トレーニング

受付の左側が運動フロア(体育館)の入口、右側からはストレッチルームに入れます。ストレッチルームには、運動フロアからも入れました。

ストレッチルームは結構な広さにマットを敷き詰められていました。ストレッチには良いのですが、ちょっと広すぎな気もします。これだけスペースがあるってことは、何かの教室で使うってことでしょうか。

運動フロアは小ぶりな体育館ってくらいのスペースに見えましたが、その大半を何らかの教室の専用スペースとしているらしく、トレーニングのためのスペースは端っこだけ。

まぁ、その空間を各種トレーニング用の機械が埋めているので、なおさら狭く感じるのでしょうが。

さて、事前のホームページの情報からエアロバイクとルームランナーが大量にあるのは分かっていました。だが、私の目的はそれじゃなく筋トレです。

それに相応しい道具があるかと思っていたのですが・・・

うん、素晴らしい!

足を鍛える機械、腹筋、肩、胸、尻、内股、背筋、一通り揃っています。さらに、ロープみたいなのを引っ張るタイプの機械もあって、充実した筋トレが可能になっています。

さらに、最深部には待望のダンベルが各種揃っています。完璧です!もっとも、ダンベルは使用者が少ないらしく、スペースが狭いのが難点ですが、あるだけで十分です。

■ 筋トレ開始

これまで訪問した体育館の場合、施設の人って受付にいるだけで姿を見せなかったのですが、こちらの健康づくりセンターでは常時人がついているようです。

上記で書いた各種機械ですが、使おうと思って触っていると、すぐに声を掛けて来て使い方を説明してくれます。正直、初見だと分かりにくいので助かりました。

まぁ、こういう声かけが苦手な人には合わないかな?

もちろん、各機械にはタオルがあって、使用後に汗を拭くようになっています。胸筋を鍛えた後に拭き忘れそうになったのですが、施設のお姉さんにやんわりと注意されました(ゴメンナサイ)。

何にせよ、1時間ほど充実した筋トレが出来ました。うん、これまで行った中では最高評価かもしれません。

■ 後書き

受付で使用者の地区の話が出ていましたが、書きながらチラッと見ると、台湾という文字が・・・

え、台湾から健康づくりセンターに来たの?って驚いたのですが、よく考えると、台湾出身で札幌在住ってことなんでしょうね。

・・・いや、それなら札幌の住んでいる区を書かないか?どうでもいい話ですが、こういうのって、ちょっとだけ気になります。

しかし、ここは良い施設なので通いたいのですが、我が家から遠いのが難点です。車で30分くらい掛かるんじゃないでしょうか。夏場は良いのですが、雪が降ってくると辛いです。

さて、どうしようかな?

前編:札幌中央区の健康づくりセンターで筋トレ(かなり良かった!)前編

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

厚別区体育館で筋トレしてみた

■ 厚別区体育館

白石区体育館の改修工事(衝撃の白石区体育館の休業(2017年8月〜2017年12月28日))のせいで、私の筋トレに大きな問題が発生しています。

夏場はシャトレーゼ・ガトーキングダムで温泉&プール&フィットネスのセットを使っていたのですが(シャトレーゼガトーキングダムで筋トレ&水中歩行&温泉!)、あそこはちょっと遠いので、気が向いた時に行くっていう使い方がしにくいです。

ってことで、厚別区体育館に行ってみました。

はい、到着。
厚別区体育館 - 1

厚別区体育館ってどの辺りかと思ったのですが、新札幌駅の辺りなんですね。イオンが見えますし。
厚別区体育館 - 2

■ 仕組み

基本的な仕組みは白石区体育館と同じようです。

入り口の券売機で券を購入して、受付に渡して利用目的(私の場合はトレーニング)を告げるだけ。ちょっと違うのは、小さいながらも靴置き場があることでしょうか。

入館して真っ直ぐ進んが通路の奥左側が男性用更衣室。シャワーも設置されているようですが、ちと狭目です。ロッカーも同じく、50円払う方式。
厚別区体育館 - 11

この辺りは、札幌市の体育館の共通ルールのようです。

■ トレーニング

入館して左側に向かうとトレーニング室がありました。

設備の方は・・・・・・
厚別区体育館 - 3

厚別区体育館 - 4

厚別区体育館 - 5

厚別区体育館 - 6

厚別区体育館 - 7

厚別区体育館 - 8

微妙。古めかしいダンベルが置いていますが、7キロまでしかありません。受付に言えば、10キロまで重りを追加できると紙が貼っていましたが、わざわざ頼むのもちょっとね。

後は、黄色のマットがついたトレーニング用の機械が並んでいますが、ちょっと種類が少ないし、全体的に使いにくいです。

まぁ、中には他で見たことのない機械があったので収穫がなかったって訳じゃないし、値段を考えると、これはこれで悪くはないです。

■ 昔見た棒の使い方

ところで、こちらには私が子供の頃に通っていた学校で見かけた木製の梯子のようなものを見かけました。
厚別区体育館 - 9

昔から、これって何に使うのか疑問だったのですが、使い方が貼ってありました。
厚別区体育館 - 10

懸垂は、まぁ分からんでもないです。上の方が若干前のめりになっていましたし。

腹筋については、なるほどと。確かに腹筋を鍛える時には斜めにした方が負荷が大きくなって良いです。子供の頃に運動系の部活にでも参加していたら、用具室とかに腹筋用の板でもあったのかもしれません。

問題は「横棒を段違いに握り、全身を横向き水平にします」という辺り。

・・・出来るか!

腕の力だけで体を横向きに支えるって、どんだけムキムキになれば出来るんですかね。少なくとも、私はそこまでの筋肉は求めてませんよ。

■ 後書き

札幌に限った事じゃないですが、やや古めの体育施設のトレーニング用の機械って、ここで見たものと同じような機械が多いです。前に行った東区体育館(札幌東区体育館に寄ってみた)も似たような感じでしたし。

この手の施設が造られた時期に流行ってたんでしょうか?

ところで、こういった施設をいくつか巡っていて思うのですが、ほぼ同じ筋肉を使うのに、機械によって随分と動かせる重さが違います。やはり、微妙に鍛えられる筋肉の範囲が違うってことでしょうか。

そう考えると、時々は別の場所で違う機械を使ったほうが、バランスよく鍛えられるのかも知れません。別に、特定の部位をムキムキにしたいって訳じゃないですしね。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

度付きの水中メガネ(ゴーグル)何てあるんですね

■ プール

少し前にシャトレーゼガトーキングダムに行ったのですが(シャトレーゼガトーキングダムで筋トレ&水中歩行&温泉!)、ここのプールが思ったよりも良い感じです。

基本的には歩くだけなのですが、せっかくなので泳いだり、潜ったりして見たいです。

そうなると、水中メガネ(ゴーグル)が欲しいのですが、私は近視なので、ゴーグルで水を弾いても見えないことには変わりありません。

ちょっと寂しいと思っていたのですが、話によると度付きのゴーグルが売っているらしいです。

■ 度付きゴーグル

風呂用メガネ(お風呂用のメガネが大活躍!お風呂用メガネ「アイ・ラブ・入浴」今度は大丈夫か?)と同じような売り方かと思っていたのですが、何と組み立て式らしいです。

ゴムの部分とレンズの部分が別売りになっていました。なお、レンズは片目ずつの販売なので、2つ買わないと使えません。
度付き水中メガネ - 1

度付き水中メガネ - 2

度付き水中メガネ - 3

何でこんな売り方なんだろうと思ったのですが、考えてみたら左右で度数が違うのは珍しくないので、別々に売っている方が効率が良いのだと思います。

もちろん、普通のゴーグルよりも割高になったのですが、度入りと思えば安いものです。

パッケージには「くみたてカンタン20秒」と書いていましたが、実際に組み立てようとしたら結構苦戦しました。
度付き水中メガネ - 4

度付き水中メガネ - 5

鼻の部分とか、それぞれ引っ掛けるだけなので組み立て方法自体は簡単だったのですが、上手くはまらなかったりして数分の時間を必要としました。

■ 後書き

写真を見て気がつくかもしれませんが、購入時にレンズが片目ずつの販売と気が付かずに、片目だけ買ってしまうというミスをしてしまいました。

・・・自分のミスを棚に上げて言うのも何ですが、レジの人も言ってくれれば良いのにね。

それに、購入店では度合わせ用のレンズを出していなかったので、自分の度数にあうレンズを探そうと思ったら店員さんに聞いて比べてみたいと行けなかったりと、ちと買いにくい感じだったのが不満でした。まぁ、これは販売店の問題ではありますが。

ま、私の場合は風呂用メガネの購入時に度数は分かっているので問題なかったのですが、製品によって微妙に見えかたが変わるので、購入前に試して見たかったと言う気持ちはあります。

結局、後日追加購入しようとしたのですが、私が欲しい度数のレンズが品切れ。しょうがないので、ヨドバシ・ドット・コムから購入することにしたのですが、こちらの方が店舗よりもずっと安かったです。こんなことなら、最初から全部ヨドバシ・ドット・コムで買えばよかったとちょっとだけ後悔です。


そうそう、肝心の度付きメガネの実運用は、極めて快適。水が入ることもなく、水中でもよく見えて最高でした。思うところは色々とありますが、買ってよかったのは確かでした。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

シャトレーゼガトーキングダムで筋トレ&水中歩行&温泉!

■ いつもの週の過ごし方

週末は、特に用がなければ筋トレをしに白石区体育館に行きます。しかし、肝心の体育館が改装工事でしばらく使えません(衝撃の白石区体育館の休業(2017年8月〜2017年12月28日))。

体育館巡りも考えていたのですが、この日はシャトレーゼガトーキングダムに行くことにしました。ここはビジター料金でフィットネスが出来て、温泉にも入れるので一石二鳥だと思ったのです。

■ プールの準備

シャトレーゼガトーキングダムでは、プールも楽しめるらしいです。料金体系を見ると、プールを加えても大して値段も変わらないので、プールも試してみることにしました。

だが、水着が無い。もう何年もプールになんて行っていないし、海に遊びに行くような人間でもありません。まずは、水着を買わないと行けないです。

ってことで、近所のイオンの二階にあるスポーツオーサリティに来ました。

水着の3点セットキャンペーンを開催していてお得だと思ったのですが、同じメーカーで揃えないと行けない上に、欲しかったスパッツを組み合わせる商品が見当たらない。

・・・何だかね。

結局、単品でスパッツだけ購入しました。

■ 受付

日帰り用の入口から入って靴箱に靴をしまい、靴箱の鍵を受付に渡します。ここで最初の支払い。前述のコースを申し込んだのですが、フィットネスが別料金と言っています。

どうも、プール&温泉って人が多いらしく、一般的な使い方じゃないようです。ホームページに価格が載ってるよって話したら、ベテラン(かな?)に確認してくれて、無事に入館完了。

ロッカーキーを受け取り、タオルの引き換え札を受け取ります。受付のすぐ横でタオルを引き換えて、これで準備完了。なお、入館料に館内着も含まれるようで、こちらも自由に持って行って良いようです

■ いろいろやってみた

ロッカーに荷物を預けて、1階のフィットネス。いろいろと機械があるのも良いのですが、私としては一通りダンベルが揃っているので、これだけでも有難いです。

軽く筋トレして、次はプールです。

ロッカーで着替えて、プールに向かいます。ここで水着のチョイスに問題があったことが発覚。深く考えないでスパッツを買ったのですが、あれってまさに水泳用で、ピッチリ、モッコリ。ちと見栄えが・・・

うーん、ただ歩くだけの私には不要の長物でした。もうちょっと緩い短パンみたいなのにすれば良かったと軽く後悔です。

プールは幾つも種類があって、屋内、屋外に数種類。かなりの広さなのでしょうが、人がごった返していて、歩くのも難儀します。これはこれで楽しいのですが、思うところが無いというと嘘になりますね。

ただ、屋外に25mプールがあって、そこの1レーンが歩行専用になっていたのは助かりました。こっちは人が少なかったので、じっくりと歩けました。基本は温水プールなのですが、なぜか25mプールだけは水が冷たかったので、そこだけがちょっと問題でしたが。

最後に、温泉。一応、天然温泉らしく、うっすらと茶系の色が付いているように見えます。

内湯も露天風呂も充実していて、いい感じ。特に洗い場は個人専用になるように上手く配置されていて、他の人に水を掛ける心配がないのが良いところです。

うん、施設としては概ね満足です!

■ 後書き

本当は、もっと満喫する予定でした。なのですが、この日は微妙に体調が悪くて筋トレしていても軽く吐き気がする始末。

前日の夜、どうしてか緊張して寝付けなかったのが原因なのでしょうが、どうもしっくりこない。気が付いたら薄い眠りに落ちたのですが、見た夢がガトーキングダムの受付に戸惑う自分の姿だったりして、本当に何だかなぁと。

・・・どうも、未体験のことをするのは心理的負荷が高いようです。我ながら貧弱なことです。

しかし、シャトレーゼガトーキングダムとは相性が悪い。実は、以前にも団体旅行で行ったことがあったのですが、その時も体調不良(まぁ、二日酔いですが)でした。

施設自体は悪くないのですが、どうも気持ち良く遊べなくてモヤモヤします。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

雨竜沼湿原に行ってきたNo7 最後に

■ 後始末

雨竜沼湿原ゲートパークまで戻ってきました。

まず、管理事務所の手前にある小川に掛かっている橋の終端に設置されているポストに入山届の控えを突っ込みます。これ、入れておかないと未帰還の扱いになって各所に迷惑を掛けることになるのでしょうね。
雨竜沼湿原(景色) - 4

そして、ベンチに座って一休み・・・していると、先に下山していた人が小川の橋の方に行って靴を洗っています。そういえば、トイレに「靴は管理事務所の横の川で洗ってください」って趣旨の張り紙が貼ってありました。

私の靴を見ると、やはり土汚れがついて汚いです。本格的に洗うのは帰宅してからでしょうが、ここで泥くらいは落としていくことにしますか。
雨竜沼湿原(iPhone) - 32

雨竜沼湿原(iPhone) - 33

雨竜沼湿原(iPhone) - 34

あとは、帰宅するだけ!

■ 帰り道

さて、また10㎞もの砂利道を通って帰るのは気が重いのですが、他に道もないので仕方ありません。対向車に出会わないことを祈って出発します。

・・・結果、出会ったのは1台だけ。それも、綺麗に舗装された道で出会ったので、特に苦労なく突破できました。やっぱり15時を過ぎてから登山に向かおうなんて人はそういないってことですね。

■ おまけ

入山届を出した時に、一緒に雨竜町で使える割引券を頂きました。
雨竜沼湿原(領収証と割引券とアイス) - 2

雨竜の道の駅で使えるアイスの割引券については、後日ありがたく使わせてもらいました。雨竜の道の駅って結構行くのですが、アイスを食べたのは初めてです。
雨竜沼湿原(領収証と割引券とアイス) - 3

雨竜沼湿原(領収証と割引券とアイス) - 4

雨竜の商店街で使える割引券の方は、結局使わずじまい。道の駅で使えれば良かったのですが、対象外らしいです。

そして、同じく入山届を出した時に支払った金額の領収書も頂いていました。
雨竜沼湿原(領収証と割引券とアイス) - 1

出発する前には、山に登るのにお金を払うっていうのに若干の疑問を感じていたのですが、下山する時にはゲートパークまでの道路、山道、湿原の各所の整備には相応に費用だと納得しました。

むしろ、設備が良くなるなら、もうちょっと払っても良いくらいです。それで、道路の道幅を少しで良いから広げてくれて、ついでに湿原のあたりにバイオトイレでも設置してくれれば最高です。

■ 後書き

山開きしてから初めての日曜日で、快晴ということもあってか、結構な数の人が登っていました。なのですが、北海道の尾瀬という評判の割には人が少ない感じがします。

・・・っていうか、観光PRが足りないってのが真相だとは思います。

出発前に会社の人に「雨竜沼湿原に行く」と言っても、聞いたことがないって人ばかり。私の話を聞いて調べて初めて知ったって人もいました。

私が登ったのは水芭蕉が終わろうという時期だったので、ちと寂しい景観(ぶっちゃけ、広大な原っぱだった)でしたが、花が咲き誇る夏場なら最高だったと思います。正直、もっと沢山の人が来ても不思議じゃないと思うのですが、ちと勿体無い感じもします。

ただ、あれですかね。それだけの人を受け入れるためには、もうちょっと道路とかトイレの整備をしないとダメかもです。ま、来訪者が増えれば収益も上がって、整備する余力もできると思いますが。

ちなみに、宿泊付きで行くなら滝川市を拠点にするのが手軽だと思います。街中のホテルから雨竜沼湿原ゲートパークまでの距離は40㎞くらいになると思いますが、滝川から雨竜に抜ける辺りから既に「信号?何それ?」くらいの勢いなので、距離の割にサクッとたどり着けます。

■ 雨竜沼湿原の関連記事

雨竜沼湿原に行ってみようかな?
雨竜沼湿原に行くための装備(虫除けネットと鈴)
雨竜沼湿原に行ってきたNo1 ゲートパーク
雨竜沼湿原に行ってきたNo2 登山開始〜白竜の滝
雨竜沼湿原に行ってきたNo3 登山(中間)
雨竜沼湿原に行ってきたNo4 登山(中間)〜雨竜沼湿原入口
雨竜沼湿原に行ってきたNo5 雨竜沼湿原
雨竜沼湿原に行ってきたNo6 帰路
雨竜沼湿原に行ってきたNo7 最後に

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop