社内SEの徒然なる日記

COBOLでテキストデータ中のNULLを変換する方法

■ Nullの変換

COBOLでテキストデータを読んで、レイアウト変換してテキストデータに出力するプログラムがあるのですが、この時に、入力側のテキストデータの中にNullが含まれていたため、後続の処理で障害が発生してしまいました。

嫌らしいのが、ある項目の中の一部がNullっていうパターンだってことです。

実際には下図のような感じで、テキストエディタで見ると「社内 日記」って見えるのですが、この社内と日記の間が実はNullなのです。
COBOLでNULL - 1

方法は色々とあると思いますが、INSPECT文を使って半角スペースに変換することにしました。

こんな感じです。
INSPECT  WK-MSG  REPLACING  ALL X'00' BY X'20'.


WK-MSGは、Xタイプの項目で、問題の「社内 日記」が入っています。

INSPECT文は、項目中の値の出現回数のカウント、および置換を行うことが出来ます。ここでは、COBOL文法書でいう「書き方2」の、文字列の置き換えでの書き方です。

COBOLでNullをどう表現するか迷ったのですが、X と ' を使って16進文字定数で記述することにしました。INSPECT文で、この表記が通るか心配だったのですが、特に問題なく動いてくれました。

ちなみに、X'00' がNull、X'20' が半角スペースですので、Null値があったら、半角スペースに変換されることになります。

■ 後書き

問題のテキストファイルですが、とあるお客様から定期的に頂いているデータです。誰でも名前くらいは聞いたことがあるだろう大企業なのですが、まさかデータ中にNullを含めてくるとは思いませんでした。

この項目、そのままOracleのテーブルにINSERTされて、それを使って帳票を作成するって使い方だったのですが、帳票ソフトが項目中のNullに対応出来ずに帳票出力時に異常終了、ObjectBrowserでデータを見ると、Null以降の値が見えない(上記の例だと 社内 という値になっているように見える)し、散々でした。

っていうか、どうやって項目中にNullなんぞ突っ込んだんでしょうか。それ自体が結構難しい気がしますが・・・

それにしても、項目自体がNullだった場合の変換方法は珍しくありませんが、項目内の一部がNullというのは、意外と扱いに困ります。

今回も、INSPECT文で置換しようというのは直ぐに思いついたのですが、Null値の変換という点で少し悩むことになりました。

投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end ---
スポンサードリンク

PageTop

カップラーメンのQTTA(クッタ)でQUOカードが手に・・・入らなかった

■ QTTA

この前、実家に帰省した時にクッタというカップラーメンを買いました。なんでも、美味しくてお腹にたまるそうです。
クッタでQUOカード - 1

クッタでQUOカード - 2

クッタでQUOカード - 3

■ QUOカード

よく見ると、クオカードが当たるキャンペーンをやっているそうです。めくるとQRコードになっていました。
クッタでQUOカード - 4

クッタでQUOカード - 5

一昔前ならハガキに貼るとか、そんなのだったと思うのですが、今はLINEで応募できるんですね。ちょっと驚きです。

LINEに登録しなければダメってのが地味に嫌なのですが、まぁ、それほどLINEは使っていないので、別に良しとしましょう。
クッタでQUOカード - 6

と思ったら、見事に当選しました!
クッタでQUOカード - 7

クッタでQUOカード - 8

入力フォームから自分の住所を入力しようとしたのですが、当選したと聞いた母が当然のように「私の住所に届けなさい」と。

・・・はい、わかりました(笑)

■ 後書き

以前にもカップラーメンでQUOカードが当たりました(日清麺職人にQUOカードが入っていた)。

自分じゃカップラーメンって買わないので分かりませんが、この手のキャンペーンって意外と当たるものなんですかね。

ちなみに、別にQUOカードが欲しかったわけじゃないし、元々は母が買ったものなので別に構わなかったりします。ただ、手に入れたQUOカードの写真をブログに貼りたかったってだけの話でして。

そうそう、カップラーメンはこんな感じ。
クッタでQUOカード - 9

小細工のない素直な美味しさで、お腹にたまる感じ。うん、これならヒットするんじゃないでしょうか。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

社内SEの徒然なる日記(2017年11月18日)本格的な雪と優雅な朝のひと時

■ 雪

今朝(2017年11月18日)、目を覚ますと雪が積もっていました。
2017年11月18日 - 1

札幌の平野部でも場所によっては降り始めているそうですが、私の住んでいる白石区では、これが初めての積雪じゃないでしょうか。いよいよ、本格的な冬が始まったようです。

■ ロイヤルホスト

休日は、そこそこ遅い時間まで寝ていることが多いのですが、この日は朝から用事があったので出かけていました。

用を済ませて帰ろうかと思ったのですが、途中でちょっと変わった店舗(スーパーなのかな?)があったことを思い出して、寄り道することにしたのですが、その店の開店まで1時間ほど掛かります。

ってことで、すぐそばにあったロイヤルホストで朝食を頂くことにしました。
2017年11月18日 - 2

2017年11月18日 - 3

2階の窓際の席に案内されたのですが、少し高い場所からみる景色って何となく良い感じです。たとえそれが、ただの街並みであったとしても。

ドリンクバーも頼んで、食後にコーヒーを飲みながらスマホで小説を読んでまったりと時間を潰しました。たまには、こういう朝も良いものですね。

■ 後書き

随分と前から降圧剤を飲んでいます(高血圧の治療薬がジェネリック医薬品「ロサルヒド配合錠LD」になりました)。

高血圧の治療といっても、実際には3ヶ月に1度程度、降圧剤を貰いに行く程度で、特にこれといった治療を受けている訳じゃありません。そして、この日は薬を貰いに行く日でした。

こんな日に雪なんてついてないと思ったのですが、11月中旬だったため、車を出しても足を取られるってこともないし、天気予報では天候が悪化するとなっていたのですが、なぜか快晴です。

ってことで、この日は昼過ぎまで買い物したり、初見の飲食店に行ったりして充実した1日を過ごしました。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

久しぶりに「雨は、やさしく」でラーメン食べました

■ 雨は、やさしく

近所に「雨は、やさしく」というラーメン屋があります。有名店らしく、休日になると行列が出来ているのですが、以前に食べたとき(「雨は、やさしく」なるラーメン屋に行ってみました。)には、あまり好みって感じじゃなかったです。

味が云々っていうより、細麺は好きじゃないんですよね。

なのですが、近所にあると気になるもので、久しぶりに入ってみました。休日は行列していても、平日は結構空いてますし。

■ これはこれで・・・

入店します。そのまま進んだところで店員さんに券売機で券を買うように言われました。ふと振り返ると、入り口に券売機が設置されています。

あれ?ここって券売機の店でしたっけ?それともお客さんが思ったよりも多かったので券売機を設置したのでしょうか?

券売機のメニューを見ると、サイドメニューに私の好物の「なすの煮浸し」があります。

我慢できず、ビールと一緒に購入。
雨は、やさしく - 1

メインのラーメンは醤油(・・・だったはず)にしました。
雨は、やさしく - 2

んで、頂いたのですが、これが案外と悪くない。私の好みのラーメンって先入観を捨てて、全く別の食べ物だと思って食べてみたら、味に深みがあって意外と美味しく感じます。

・・・うん、これはこれで良いものですね。

■ 後書き

券売機のメニューを見ると「ペースト抜き」というメニューがありました。あのペーストが売りなのでしょうが、あれってちょっと独特の苦味があったので、嫌がる人もいたって事でしょうね。

席についてメニューを見ていて知ったのですが、ここのお勧めは「塩」らしいです。塩、塩ねぇ。塩ラーメンがお勧めの店ってあまり見ないので、今度は塩ラーメンを食べてみたいところです。

っていうか、最初から知っていたら塩を食べていました。なので、再チャレンジは決定です。塩、美味しいかな?

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

ようやく心から理解した「曖昧な笑顔」と大人

■ 聞く?

今回は、仕事の愚痴見たいなもので、ちょっと陰気?なお話です。

ってことで、そういうのはノーサンキューって方は、読まないよう、お願いしますm(__)m










ok?

■ 曖昧な笑顔

勤め先の会社が、業務のルールを変えようとしているようなのです。というか、実務レベルではすでに変えていて、それほ補完というか、強化というか、そんな感じのモノを準備し始めています。

私自身は役職上では中間管理職なのですが、実際には一担当者って立場で、基本的にはシステムの設計とかプログラムとか、そういうのが本職です。まぁ、最近はプロジェクトマネジメントなんてのもやってはいますが、それにしたって対象は自部署の範囲内の話です。

って立場でして、権限も大したものじゃないのですが、なぜか関わる羽目になってしまいました。

本当は、他の方がやるべきことなのですが、どうも上手くまとまらないようで、業を煮やした上司が「お前が入ってまとめろ」と。

ってことで、色々と聞き出して、タスクを整理して、大きな目線でのスケジュールを調整した上でプロジェクトチームの方に報告に行ったのですが、これが、まぁ、凄いのです。

業務ルールを変えると言っても、本来であれば現場のことをしっかりと理解した上で進めないとダメなのに(守れないルールは現場を疲弊させ、不正の原因になる)、その考慮が一切なく、一方的に決めたルールを現場に押し付けようとしています。

実は、私の部署で個別に現場に対してヒアリングをしていて、変えたというルールが徹底されていない、というか、ルールを誰も認識していないし、ルールとやらが書かれた資料がどこにあるのか、そもそも存在するのかも誰も知らないという状態なのは知っていました(そもそも、私自身も知らないし)。

その辺りを、それとなく投げかけて見たのですが、そこから業務ルールに対する演説が開始され、そのあまりに滑稽な姿に、もう、なんと言って良いやら・・・

さらに、まったく聞いたこともない資料を持ち出して「これを作ることになっている」とか言い始めています。「聞いていないのか!?」とか怒声を上げているのですが、そんなもん知らんよ・・・

私も気が短い人間なので、言われたら数倍にして言い返すのですが、あんまりな事態に気が付いたら顔に笑顔が張り付いていました。

あぁ、日本人がよくやる「曖昧な笑顔」って、こういうことなのね。

■ 後書き

私も言われっぱなしで仕事を押し付けられても困るので、その場で上手いこと立ち回り、個別の言動を逆手にとって自部署の仕事を減らし(っていうか、相手に押し付けた)、全責任を相手が取らざる得ない方向に誘導しました。

もっとも、会議の席では、それで同意を得たのですが、相手が相当の嘘つきなので、実際はどうなることやら。

適当に「皆んなで頑張りましょう」とか景気の良いことを言って機嫌をとって、最後には、なんとか全員が笑顔で終わるように調整できたので、上出来でしょうかね。

って経緯を、上司に報告したのですが、「お前もようやく大人になったな」とか褒められました。

・・・・・・・・・・・・・・・大人ってそういうもんなのですかね。なんか、褒められたのに嬉しくないです(苦笑)

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop