社内SEの徒然なる日記

雨竜沼湿原に行ってきたNo2 登山開始〜白竜の滝

■ 登山開始(9:30)

手続きも終えて、いよいよ山登り開始です。

管理棟周辺の小川や説明、キャンプ場を見ながらハイキング気分で歩みを進めます。
雨竜沼湿原(景色) - 9

雨竜沼湿原(景色) - 10

綺麗な山並み、小川。良い感じです。
雨竜沼湿原(景色) - 11

雨竜沼湿原(景色) - 12

途中で体力が尽きても困るので、事前に用意していた飴玉を舐めながら登山することにしました。
雨竜沼湿原(景色) - 13

最初の内は、砂利道ではあっても歩きやすい平坦な道。繰り返しになりますが、初めの内はちょっとしたハイキングって感じで気持ち良いです。
雨竜沼湿原(景色) - 14

雨竜沼湿原(景色) - 15

雨竜沼湿原(景色) - 16

雨竜沼湿原(景色) - 17

雨竜沼湿原(景色) - 18

雨竜沼湿原(景色) - 19

雨竜沼湿原(景色) - 22

■ 橋

少し歩くと、橋が見えてきました。
雨竜沼湿原(景色) - 20

雨竜沼湿原(景色) - 21

雨竜沼湿原(景色) - 23

雨竜沼湿原(景色) - 24

雨竜沼湿原(景色) - 25

雨竜沼湿原(景色) - 26

橋を渡りきると、案内板を発見。白竜の滝まで500m。雨竜沼湿原まで2200m。この調子なら楽勝かな。
雨竜沼湿原(景色) - 27

橋を越えたあたりから登りが始まりました。まだまだ道が綺麗で歩きやすいです。
雨竜沼湿原(景色) - 28

雨竜沼湿原(景色) - 29

雨竜沼湿原(景色) - 30

雨竜沼湿原(景色) - 31

雨竜沼湿原(景色) - 32

雨竜沼湿原(景色) - 33

雨竜沼湿原(景色) - 34

雨竜沼湿原(景色) - 35

雨竜沼湿原(景色) - 36

雨竜沼湿原(景色) - 37

雨竜沼湿原(景色) - 38

と思ったのですが、少しずつ道が険しくなってきました。
雨竜沼湿原(景色) - 39

雨竜沼湿原(景色) - 40

雨竜沼湿原(景色) - 41

雨竜沼湿原(景色) - 42

雨竜沼湿原(景色) - 43

雨竜沼湿原(景色) - 44

雨竜沼湿原(景色) - 45

雨竜沼湿原(景色) - 47

さて、事前に用意した鈴(雨竜沼湿原に行くための装備(虫除けネットと鈴))ですが、最初はリュックサックに括り付けていたのですが、ちと鳴りが良くありません。どうしようかと迷ったのですが、トレッキングポールの紐に付けることにしました。
雨竜沼湿原(景色) - 46

うん、これで常にリンリン鳴って良い感じです。

■ 白竜の滝(10:00)

のんびりと30分くらい進むと、左手に雨竜沼湿原(1800m)、右手に白竜の滝(50m)と立て札が立っています。
雨竜沼湿原(景色) - 48

当然、右手に突進!
雨竜沼湿原(景色) - 49

うん、良い景色!
雨竜沼湿原(景色) - 50

雨竜沼湿原(景色) - 51

雨竜沼湿原(景色) - 52

雨竜沼湿原(景色) - 53

もう少し滝の近くまで行けるのかと思ったのですが、それらしい道がありません。いや、右手側に進めそうな何かがあるのですが、・・・・・・・・・これは道とは言えない。

事前に見た他の人のブログなどでは滝の間近まで進んでいたので、おそらく行けはするのでしょうが、この時点で無理をしたくなかったので、元の道に引き返しました。

そして、元の道に戻って雨竜沼湿原に向かって進むと、途中でゴミを発見。私と同じように飴玉を舐めながら進んだ人がいるようですが、ゴミを捨てて行ったらしいです。
雨竜沼湿原(景色) - 54

雨竜沼湿原(景色) - 55

マナーの悪い人もいたものです。ゴミを回収して足を進めると、右手に白竜の滝を見下ろす絶好のロケーション!
雨竜沼湿原(景色) - 56

雨竜沼湿原(景色) - 57

雨竜沼湿原(景色) - 58

雨竜沼湿原(景色) - 59

・・・っていうか、滝の近くまで行かないなら、最初からこっちで良かったよ。無駄に体力を使ってしまいました。

■ 後書き

サブタイトルの辺りに時間を書いていますが、大量に撮影しながらで、かつ足や膝への負担を恐れて慎重に進んでいたので、普通の人ならずっと早い時間で進めるはずです。

っていうか、行きも帰りも追い抜かれ続けました。

若いカップル(?)や家族連れくらいなら何とも思いませんが、還暦を過ぎてね?って年齢の方や、大変ふくよかな女性にもサクサク置いていかれるっていうのには思うところがありました。

ま、こうなると分かっているから自分のペースで進めるように一人で行動しているので、良いのですが。

前回:雨竜沼湿原に行ってきたNo1 ゲートパーク
次回:雨竜沼湿原に行ってきたNo3 登山(中間)

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

雨竜沼湿原に行ってきたNo1 ゲートパーク

■ 出発

色々と準備を整えたし(雨竜沼湿原に行ってみようかな?雨竜沼湿原に行くための装備(虫除けネットと鈴))、周りの人にも行くと公言したので後に引けなくなったので、雨竜沼湿原に行くことにしました。

この日(2017年6月18日)は晴天。そして体調も万全。これ以上は望めないだろう最高のコンディションです。もはや、取りやめにする理由は天地のどこにもありません。

ってことで、車で雨竜町から国道432号線を抜けて進みます。そもそも雨竜町の時点で結構な田舎なのですが、そこから432号線に入った辺りは、冬に走るのは勘弁して欲しいという道になりました。

それでも、ここまでは問題なし。天気も良いし、ドライブ気分です。しばらく車を進めると、大きめの橋があって、暑寒湖が見えてきます。
雨竜沼湿原(iPhone) - 1

・・・ここからが長かった。

この時点で、登山口のある雨竜沼湿原ゲートパークまで10キロメートル以上も残っていますが、すでに道はご覧の有様。
雨竜沼湿原(iPhone) - 2

ここから、長い山道が始まりました。舗装された道路もなくなり、砂利道に姿を変えます。道幅も狭くなり対向車が来ないかドキドキしながら車を進めます。

まぁ、本当に危なそうなところには路肩注意の警告(というかロープみたいなの)があるし、車を寄せるスペースも結構あるので、そう困らないのかも知れませんが、こう言った道に不慣れな私には結構なストレスでした。

不思議なのは、途中で綺麗に舗装されている箇所が数箇所あること。もしかして、山道のままだと洒落にならないような難所だったりするのでしょうか?

なお、朝の9時くらいだったのですが、途中で3台の車とすれ違いました。そして、到着した時には車(軽のFF)は悲鳴をあげていました。

■ ゲートパーク

ハラハラしながら走り続けると、駐車場が見えてきました。駐車場は、ゲートパーク(というか管理棟)が見える近くと、やや離れた場所(最初に見える場所)の2ヶ所のようで、結構な台数が駐車できそう。
雨竜沼湿原(iPhone) - 3

雨竜沼湿原(iPhone) - 4

山開きから初めての日曜日、かつ晴天ということもあって、それなりに車が停まっています。あまりにも人が少ないようならどうしようかと心配だったのですが、どうやら登っても大丈夫そうです。

車の中で装備を整えて、管理棟に向って歩みを進めます。

管理棟の近くに色々と立て札が立っていました。
雨竜沼湿原(景色) - 1

雨竜沼湿原(景色) - 2

雨竜沼湿原(景色) - 3

雨竜沼湿原(景色) - 5

雨竜沼湿原(景色) - 6

雨竜沼湿原(景色) - 7

雨竜沼湿原(景色) - 8

恐ろしいことに、ヒグマが出没するらしいです。熊よけの鈴を持ってきて正解だった模様。そして、登る前に届出をするように書いています。

ってことで右手側にある管理棟に入ると、入山届への記入を求められました。名前、住所、緊急連絡先、入山の目的などを記入して、控え(複写紙になっていた)をもらいます。
雨竜沼湿原(iPhone) - 35

この控えは、山を降りる時にポストに入れて欲しいと言っていました。コレですね。
雨竜沼湿原(景色) - 4

次回:雨竜沼湿原に行ってきたNo2 登山開始〜白竜の滝

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

北海道神宮例祭に行ってきた(2017年6月16日)祭り

■ 北海道神宮

神輿は十分見たので、お祭りの方に向かいます。まずは北海道神宮です。規模は中島公園に比べて小さいらしいですが、折角の機会なので見てみたいところです。

到着すると、神輿の時刻とルートが書かれた案内板を見つけました。
北海道神宮例祭 - 12

これ、ネットで確認したかったのですが、見つからなかったんですよね。どこかで確認できたのだとは思いますが、もうちょっと探しやすくなってくれると嬉しいです。

神社入口に露店が出ていました。確かに、ぐるっと見渡せる範囲にしか露店が出ていない感じですが、それなりに人の姿も見かけるので、激戦区になるだろう中島公園よりも気楽にお祭りを楽しめそうです。
北海道神宮例祭 - 13

北海道神宮例祭 - 14

北海道神宮例祭 - 15

北海道神宮例祭 - 16

北海道神宮例祭 - 17

北海道神宮例祭 - 18

■ 中島公園

続けて、中島公園に向かいます。中島公園には、それなりの台数の駐輪場があったので自転車を停めて、そこから右回りに公園を進みます。
北海道神宮例祭 - 19

・・・・ですが、右回りは失敗でした。すぐに露店が途切れて公園の景色一色。どうやら祭りの範囲から外れたようなので、それっぽい方向に向かって方向修正。
北海道神宮例祭 - 20

そして、到着。
北海道神宮例祭 - 23

北海道神宮例祭 - 21

北海道神宮例祭 - 22

一通り端から端まで見て歩いたのですが、これだけの範囲で露店が出ている姿は圧巻でした。札幌まつりっていう別名は伊達じゃないですね。

うん、満足満足!

■ 後書き

出発する時、日焼け止めを塗ろうかと迷ったのですが、天気も微妙だし、別件の登山(雨竜沼湿原に行ってみようかな?)で使用するための装備一式に入れてしまっていたので取り出すのも面倒だと思って無防備に出発したのですが、大失敗でした。

結局、おでこが真っ赤になってしまい、翌日は日焼け後のボンヤリとした倦怠感に悩まされる始末。肝心の登山までに回復したので助かりましたが、気をつけないといけませんね。

何にせよ、久しぶりにお祭りを満喫できて楽しかったです。

前編:北海道神宮例祭に行ってきた(2017年6月16日)神輿

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

北海道神宮例祭に行ってきた(2017年6月16日)神輿

■ 出発

今年(2017年)の北海道神宮例祭は全て平日です。明るいうちに見たいと思ったので、有給を使って行ってみました。

当初はバス&地下鉄で行こうと思っていたのですが、天気も良さそうだし自転車で出発します。豊平川沿いのサイクリングロードを使って進みます。
北海道神宮例祭 - 1

天気は良いと書きましたが、遠くの方の雲は不穏な感じです。
北海道神宮例祭 - 2

■ 大通公園

聞くところによると、神輿が9時に北海道神宮を出発するらしいです。その姿を見たいと思っていたのですが、布団が恋しくて出発が遅れたため、大通公園に到着した時には既に9時30分を過ぎていました。

ここから北海道神宮まで少しかかります。神輿のコースが良くわからないので「これは神輿は見られないかな?」って思っていたのですが、途中でカメラを構えている人が並んでします。

これはもしやと思っていたら、それっぽい行列が見えてきました。
北海道神宮例祭 - 3

北海道神宮例祭 - 4

北海道神宮例祭 - 5

北海道神宮例祭 - 6

北海道神宮例祭 - 7

北海道神宮例祭 - 8

北海道神宮例祭 - 9

北海道神宮例祭 - 10

北海道神宮例祭 - 11

■ 後書き

初めて見たのですが、私が思っていたよりもずっと長く行列が続いていました。見た限り、子供の姿も見かけるので、単純な神事っていうよりは一般参加のお祭りの色が強い感じなのかと思います。

実は、北海道神宮や中島公園の場所が良くわからないので、愛用のMapFanを使ってルート探索したのですが、この前購入したスマホ固定用のバンド(自転車にスマホを装着!(低価格バージョン))を忘れるという大失態。

何のために購入したんだか・・・

後編:北海道神宮例祭に行ってきた(2017年6月16日)神輿

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop

救急車を呼んでも良いの?を判断する消防庁のスマホアプリ

■ 救急車

この前、手が痺れて病院に行った記事を書きましたが(頭がボーッとして左手が痺れて軽い吐き気。何だ?「発症」)、あれを書きながら「救急車を呼ぶ判断って何かあるのだろうか?」と気になってネットで検索して見ました。

期待したのは、イオンなどの店舗の壁に貼ってあるような啓蒙のチラシ程度のものだったのですが、出て来たのは消防庁謹製のスマホアプリ「全国版救急受診アプリ「Q助」」でした。
Q助 - 1

・・・全国版ってことは、地方版も存在するのか気になるところです。いや、突っ込むところはQ助って名前の方だろうか?

■ やって見た

面白そうなので、ダウンロードして試して見ました(当然、無料です)。

質問に対して表示される回答を選択する方式で、最終的には何をすれば良いか教えてくれるようです。うん、これは便利そう。

早速試して見たのですが、どうやら自分だけじゃなくて、他人に対しての診断にも使えるようです。って言うか、最初の質問が「呼吸をしていない」「脈がない」「水没している」「冷たくなっている」って感じで、どう考えても自分の診断用じゃないですよね。

当然ですが、どの選択肢であっても「直ぐ救急車を呼ぶ」と言う回答に辿り着きました。まぁ、これは流石に考えなくても分かりますよね(苦笑)

さて、何回か「どれにもあてはまらない」って答え続けると、ようやく自分の症状を探すところまで辿り着けました。

症状で「しびれ」というのがあったので、それを選択。さらに詳細な質問が色々あるのですが、それらしい症状がないので「どれにもあてはまらない」を選択。結果、直ぐに救急車を呼ぶように指示されました。って言うか、症状で「しびれ」を選択した時点で回答は「救急車を呼ぶ」で固定のようです。

じゃあ、何のための質問なのかと思ったのですが、自分が回答した履歴が表示されていて、この症状を伝えることで救急隊員にスムーズに話が通るってことらしいです。

その後、色々と触って見たのですが、受診する診療科も教えてくれました。素人には診療科の選択って結構難しいので、これは助かります。

■ 後書き

おそらくですが、119に電話をかけた時に聞かれる定型文をスマホアプリで表現したのが、このQ助なのだと思います。

これはとても便利なのでインストールしたままにしますが、症状選択の項目が結構多いので、時々触って慣れておかないと緊急時には困るかもしれません。

・・・いや、緊急時には迷うことなく電話するか。

最新の記事:http://harikofu.blog.fc2.com/
投稿記事の一覧:http://harikofu.web.fc2.com/

--- blog end — スポンサードリンク

PageTop